;

妊娠中の方へおすすめしたいこと

妊娠中の方へおすすめしたいこと

妊娠されている方にぜひとも参考にしていただきたい、そしてストレスがたまっていたり不安で仕方ないという方にリラックスしながら読んでいただければ嬉しいです。

産後2か月を迎えようとしている私が経験した、妊娠中のおすすめなことやこれはやめておいたほうがいいと思うことをお伝えします。

 

NGなこと

体育会系の方であれば、これくらい大丈夫といって重い荷物を持ってしまったり、

ちょっとした運動をしてしまったりとするかもしれません。

特に初期はお腹がでていないため、自分が妊婦であるという自覚もなかなかわいてこないものです。

周りからみても妊婦だと気が付かれないため、ゴルフに誘われたりきちんと妊娠していることを言わないと普通の人扱いされてしまう時期です。がその初期のころが最も大切なときです。

赤ちゃんの心拍が確認できるまでは安心できません。

安静に過ごしたり、リラックスして身体に負担をかけるのはやめましょう。

また喫煙席など近くにいかないように注意が必要です。

家族や身の回りに喫煙者がいる場合は、同席しているときは煙草を控えてもらったり、

自分からそのような環境に行かないように気を付けます。

おすすめなこと

妊娠中はホルモンのバランスが崩れます。妊娠という特別な状態なので気持ちの浮き沈みも激しいです。

それは当たり前のことなので心配することではありません。

周りの方、家族やお友達にその旨伝えておくといいでしょう。

「気分の浮き沈みが激しい」「身体が重い」など周囲に知らせておくことも大事なことです。

あとであの時、、という風に後悔したくなければきちんとしておきましょう。

ハーブティーを飲んだり、香りがいいお茶を飲むといいです。ノンカフェインの紅茶やコーヒー、など今はたくさんあります。

冬であれば暖かい飲み物を、夏であればどうしても冷たいものを飲みたければそれらのお茶を冷やしておくのもいいです。

いずれの季節にしても身体やお腹は冷やさないようにしましょう。

 

私がおすすめしたいのは、

腹巻 🙂 です。

夏の妊婦さんはきついかもしれませんが、秋から冬にかけては腹巻はとっても重宝します。

伸び縮みするマタニティ用の腹巻がやわらかくておすすめです。

お腹が大きくなりはじめたら、腹巻に帯がついたものがあるのでその帯でお腹を支えるようにします。

お腹をあたためると血行もよくなるし赤ちゃんにもGOODです。

また足が冷えやすい人は、レッグウォーマーをするといいでしょう。

足全体もそうですが、足首は冷やさない方がいいといわれています。

外にでるときはもちろん、おうちの中にいるときもできればレッグフォーマーを着用しましょう。

特に夏はエアコンをつけると思うので、足元が冷えやすくなります。エアコンは適度にして冷え対策は万全にします。

 

おまけ

といってもあれをやれ、これをやれといわれるとストレスがたまったりしてしまうので、

普通の生活にプラス、健康的な生活をするという程度のとらえ方でいる方がリラックスしたマタニティライフが送れます。

私は、受動喫煙やお酒、寝不足などに注意していました。

あとはとにかく無理をしないことです。

オーガニックを食べるとか、カフェインをとらないように飲み物の成分表を毎回みるとか神経質なことはあまりやりませんでした。

今ではその力の抜け方がよかったんだなと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です