;

産後ガードルはお腹のたるみに効果あり?締め付けるべき?

産後ガードルはお腹のたるみに効果あり?締め付けるべき?

「ガードル」=「締めつけがきついほうが効果が高い」というイメージはありませんか?

それは、間違った認識です。

 

今回は、正しく産後ガードルを利用して、体形リフォームするために大切なポイントについてご紹介します。

産後ガードルでスマートシルエットに

「ガードルを着用すると、ほっそりとしたシルエットを実現できる」というのは、多くの方が経験されているのではないでしょうか。

産後ガードルも同様に、着用することですっきりとしたシルエットを手に入れることができます。ただし、これは一時的なもの。


実際にそのシルエットを定着させるには、腹筋や背筋を鍛えて、天然のコルセットを手に入れる必要があります。ガードルに頼りすぎることなく、筋力回復のために適度な運動を行うことも大切です。

締めつけ過ぎは「不調の原因」につながる

産後ガードルを着用する目的はなんでしょうか。

一番は、出産を経てたるんでしまったオナカを引き締めることにあると思います。「だったらできるだけきつく締めたほうが、早く体形が戻るかもしれない」そんなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。

でも、それは間違った認識です。

締めつけがきつ過ぎると、さまざまな体調不良の原因になることをご存知ですか?

血行が悪くなると、リンパの流れや血流が悪くなり、むくみや冷え、代謝不良など、あらゆる不調につながります。より高い効果を目指して、小さ目サイズを無理に着用するのは逆効果なのです。

産後ガードルはハイウエストタイプが主流

通常のガードルは履き込みが浅くできているので、産後無理に履こうとするとガードルの上端にオナカのお肉が載ってしまい、段になってしまうことも。それは、何としても避けたいもの。

出産した女性の身体を考慮して作られている産後ガードルを、きちんと自分にあったサイズで着用することが、スタイルケアには重要です。

産後ガードルは、あくまで体形が戻るまでのサポートアイテムです。

忘れてはいけないのは、ガードルに頼り過ぎず、適度に身体を動かして天然のガードルである「筋力」を身に着けること。

上手に活用して、キレイなママを目指しましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です