;

産後ガードルで妊娠前の身体に戻れる?!

産後ガードルで妊娠前の身体に戻れる?!

産後ガードルを使うことによってどこまで身体を補正できるのか?果たして産後ガードルを使った場合、使わない場合とどのように変わってきてしまうのかというところにフォーカスしていきたいと思っています。

 

産後ガードルの一般的な効果

産後ガードルの効果としてまた各メーカーが産後ガードルを売り出すときにキャッチコピーとして言われているのが、骨盤補正、痩身、引き締め、骨盤補正によるシェイプアップ、などです。

実際に使った方の意見をみてみると確かにウエスト周りが引き締め効果によってスリムになったという方も多くいます。

効果があるなしに関しては、個人差がありますが、ある、なし、のいずれかでそれ以上悪くなった、太ったという方はいないということですね。

より大きな効果を得るためには、産後ガードルの効果だけではなく食事による制限、適度な運動なども取り入れつつ、産後の体形管理をしていくことが大事といわれています。

妊娠中についてしまった脂肪を燃焼するには基礎代謝をあげたり、筋肉をつけたりすることが大切とされます。その補助として産後ガードルを使っていくことがおすすめです。

たるんだお肉を元の状態の戻すのは産後大事なことです。あまりに時間がたってしまうと身体がそれが通常だと思って細胞がそのままのたるんだ状態を覚えてしまうのです。

シェイプされた状態が通常の身体だとということを細胞レベルで教え込ませるためにも産後ガードルは必要なのです。

産後にガードルが必要な理由

産後ガードルがどうしてここまで売れていたり、ネットの口コミで評判になっているのか、マタニティ情報に必ず掲載されているのかという点においてはきちとした理由があるのです。というのは、出産によってお腹のお肉が余った状態になってしまいます。

今までは赤ちゃんがお腹にいたためパンパンに張っていたかと思いますが、それが外に出されたことにより、ひどい人だとそのままよぼよぼのお肉だけが残ってしない締りのないお腹になってしまいます。

そんな“産後のゆるみ”を改善するために産後ガードルが必要とされているのです。

価格も商品のカタチ、タイプもさまざまです。キュッと締め付けるタイプが好きな方もいればあまり締め付けが強いとストレスを感じる方も多いかと思います。本当に産後に体形補正をしたい、どうにかしたいとお悩みであれば一度試着ができる下着やさんでの相談をおすすめします。ご自身の身体にあっていないもの、なんとなくあっているというものでは効果が得られません。

もしそのまま放置したら、、、

もし仮に産後何もせず、放置しておいたらどうなると思いますか?

体質や食生活にももちろん左右しますが、一般的な方の場合、体重を元の状態の戻すには、軽い運動をしたり食生活を改善したり、炭水化物を控えたりなどしないといけません。

体重的には元に戻ったけど、体形がだらしない、締りがないという感じの方も多いと思います。脂肪だけが残ってしまった、痩せたのはいいけど皮が残ったようにたるんでしまったなど産後トラブルとしてあげられます。

パンツをはいたときにお腹のお肉がベルトにのっかってしまう、お尻が後ろからみると垂れ下がっている、筋肉なしのたるんだ身体になってしまうのです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です