;

産後の体形補正の重要性

産後の体形補正の重要性

出産を終えて、あれ、すぐに体形が妊娠前に戻ると思っていたけどそうでもない、、

お友達のママは細くて同じママだとは思えない、、

芸能人は出産してもすぐに元の体形に戻るし、私もなんとかかるでしょう、、

なんて思っているママ!

下っ腹、そしてお尻、今のままではダメ!ダイエットは明日から、なんて言っているとシェイプアップすら難しい体形になってしまいます。

産後ダイエット・体形補正について

これから出産を迎えるママも、既に産後を迎えているママもいつまでも美しくいるための体形補正の重要性についてお勉強しませんか?!

産後の体形

妊娠中

女性ホルモンの関係で妊娠中は脂肪がつきやすくなり、筋肉が衰えます。

これは出産に向けての身体の本能的な働きなのでどうすることもできません。

現在妊娠中の方はお腹の赤ちゃんのためにも、たくさん栄養のあるものをバランスよく食べてストレスをためない生活をする というのが第一優先事項です。

体重の増加についてもあまりに増えすぎてはNG(産道に脂肪がつくと分娩時に赤ちゃんが通りにくくなって難産になります)ですから何キロまで増えていいのかなどは担当の産婦人科医にきいておくことをおすすめします。

産後

産後はすぐにホルモンバランスが整うわけではありません。

そのため痩せにくい状態にあることは確かです。

が、体調をみてゆっくりと産後の休息ができたなと思ったら、体形補正はすぐに始めましょう。

早ければ早い方が戻りも早いと言われています。

筋肉が衰えているため、下っ腹がぽよ~んとした状態になっていると思います。それを放置すると、、、

筋肉がない、そして脂肪がたくさん蓄えられた状態になってしまうと蓄積されていくのみ、、、

よりお腹だけがでてしまい、皮下脂肪、内臓脂肪という風に脂肪の塊と化してしまうのです。

体形補正をするメリット

産後の体形補正とは、特に下半身のシェイプアップをいいます。

よく骨盤矯正、骨盤を元に戻すと言われますが、出産によって骨は動きません(笑)

腰回りについてしまった肉(これも筋肉の低下による)が原因なのです。

もちろん、骨盤矯正は正しい位置に骨盤を持ってくるという矯正なのでこれは正しいです。

長年のクセや姿勢によって骨盤が傾いてしまうことはあります。生まれつきということもあります。

が、出産によって骨盤が開いてそこに肉がついてしまったとか、骨盤を閉じないと下っ腹が垂れてしまうなんていうイメージを持っている方も多いでしょう。

肉がついてしまうのは明確ですが、出産によって骨が動く、骨盤が開くというのは100%の間違いですのでご注意を!

産後太り、または中年太りの道を歩まないために忙しいママたちにおすすめの体形補正アイテムやストレッチがあります。

産後ガードルや骨盤矯正ベルトなどを使う

あくまでも筋肉を取り戻すまでのお助けアイテムです。

産後ガードルはウエスト作りにも効果があるのでおすすめです。

≫産後ガードルの体形補正機能を活かす!

ストレッチ

凝り固まった筋肉をほぐしたり、骨盤矯正のストレッチを1日10分程度、寝る前にやる。

体形補正に関するまとめ

産後の体形補正に関して世の中のママさんたちは悪戦苦闘しているようですね。

だらだらとなってしまうと一緒にお肉もだらだらとなってしまうので、これを機に産後のシェイプアップをしませんか?!