;

産後ガードルの見極めポイントと装着時の気をつける点とは

産後ガードルには色んなメーカーから多数の商品が出てきてますが、何をポイントとして見たらより良い産後ガードルが購入出来るのかというのは購入するママさん達の悩みどころの1つとなっていたりします。

『産後ガードルの見極めポイントと装着時の気をつける点とは』

産後ガードルの大事な見極めポイントはズバリ締め付け度合いです。

つまり締め付けのあまり無い素材を使用しているのか、フィット感がきちんとある調整出来るサイズかどうか、そして肌への不快感が無いかどうかを見れば良いのです。

産後ガードルは産後の体形補正や骨盤矯正をするためのガードルなのですから、その機能がきちんとあるかどうかを見ておけば大丈夫です。

口コミやネット通販で人気高く有名なアイマークの「トピナガードル」やワコール「シェイプマミーガードル」は使用者もかなり多く安心できるメーカーでもあるのでおすすめ度高いです。

サイズ調整から保温効果、更に蒸れにくさなどの機能面はもちろん、フィット感もありデザインまでもかなり意識していてレビューも高評価ばかりです。

産後ガードルを装着するときに気をつける点。

ではこれらの産後ガードルいつから付けるのかというと、産後に身体が安定してきた2ヶ月くらい経ってからが最適です。

早ければ良いという訳でもありませんし、かと言って何ヶ月も経ってからでは全く効果ありません。更に夜寝るときは外して寝てる間だけでも産後ガードルで掛けた負担を和らげておく必要もあります。骨盤矯正には他にも正しい姿勢を意識して日常において取り入れたりしておくと矯正が早くなります。 

逆にしてはいけない事で言うと、産後ガードルを長時間締め付けたり、サイズが合っていないのを無理に付けたりする事です。

逆に骨盤が歪に歪んだり、体形も元に戻るどころか更に悪くなったりするのできちんとサイズの合った物を無理無く付けましょう。

他にも産後の急激な体重増加を気にして逆に無理な食事制限をしたり、カロリー消費を大幅に減らしたダイエットなどは禁物です。

冷たい食べ物や飲み物ばかり飲んだり、寒い場所にばかりいるのも良くありません。せっかく産後ガードルで身体やお腹周りを温めているのに効果が無くなってしまいます。過度な運動も産後のエネルギーを使い果たしている体には良くありません。産後ガードルを付けているからと言って無理な姿勢で長時間過ごすのもダメです。

産後ガードルを付ける身になるなら、やはりそれなりの生活習慣改善や日常生活においてしっかり体形を調整する、骨盤を矯正するというのを頭に置いて行動する必要があります。

そうしないといつまで経っても産後ガードルが外せなくなってしまいます。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です