;

もしも赤ちゃんに黄疸がでてしまったら

出産が無事に終了すると、次は育児、赤ちゃんとの生活になります。自分のことは二の次という生活に嫌でもなりますよ。

私はそれまで自分磨きをやってきたOLですが、出産すると自然と子供主体となって生活が動いていきます。また金銭感覚も驚くほど変わってきます。

通常分娩であれば入院してから5日から6日後、帝王切開であれば1週間から10日後くらいに退院となります。

赤ちゃんに問題がなければ上記くらいのスケジュールで動くことになると思います。

もしも赤ちゃんに黄疸がでてしまったら

予定通り退院できればいいのですが、一つ心配なのが赤ちゃんの黄疸です。

黄疸とは

赤ちゃんはまだ消化器官、内臓など機能が不十分のため上手に分ができません。

そうなるとお顔や身体が黄色くなってしまうのです。

これは病気ではありませんので安心してください。

私のベイビーちゃん

退院前日に

「少し黄疸かも?という症状がみられるので明後日また病院にきてください」といわれました。

見た感じなんとなーく顔が黄色っぽい感じでした。

が、黄疸は治るので大丈夫と自分に言い聞かせました。

ダメなことですがネットで黄疸の症状を調べてしまいましたが、、、。

赤ちゃんの日々の変化

毎日赤ちゃんと接していると、なんとなく今日はいつもと違うとわかります。

私も授乳をしているときに、“あれ?なんとなく黄色っぽい?黄疸?”という感じはしていましたが、看護師や助産師から何も言われなかったので放置していました。

おしっこもうんちもきちんと出ていたので安心していました。

黄疸の対処と治療

黄疸の診断がでると光を当てる機械に入って治療をするようですが、私のベイビーちゃんは、治療までに至らなかったです。

退院後は「なるべく明るい日の光が当たるところに寝かせるように」といわれました。

電気の明るいということではなく、日光の明るいということでした。

そうすることで体内時計がきちんと働くのと、身体が朝、夜とだんだんと覚えてくるとのことでした。

初めてのことで、多少おろおろしてしまいましたが、そんなこと言っていられません。

母親としてちゃんとしなきゃ、何が起こっても毅然としていなきゃと思いました。

黄疸は珍しくない

黄疸の診断をもらっても焦らないでくださいね。

何事も元気におっぱいを飲んでミルクも飲んでぐっすり寝ていれば問題ありませんから。

強いそんな気持ちで日々いてあげましょう。必要以上にネットで調べたりしないように。

何度か黄疸の治療をしたとしても1か月検診までにはみなさん、落ち着いているようです。

私は退院してから2回通院しました。

小さな手に針を刺して採血したりしました。

なんだかかわいそうで、仕方ありませんでしたが大きな病気になってしまうよりはいいなと自分自身に言い聞かせました。

小さいうちは・・

小さいうち特に新生児から3歳くらいにかけてはいろいろな病気にかかります。

突発性の発熱、下痢、などなど。

これからの病気との付き合いのためにも母親である私がちゃんとしてあげなきゃと強く思った次第です。

同じ立場のママさん、先輩ママさんもみんな通ってきた道だと思います。自分だけじゃない、と思うと自然と強くなれます!

黄疸のときも相談にのってくれたのは産婦人科の先生や看護師さん、助産師さんでした。

自分の味方をたくさん作っておきましょう!!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です