;

妊娠中に歯医者さんへ行きましょう!

妊娠中に歯医者さんへ行きましょう!

妊娠中は、薬が飲めないので病院に行けないと思っている方、いませんか?

そうではありません。

妊娠中だからこそ、より病院にいって悪いところを直さなければならないのです。特に歯医者さんについては出産後はなかなかいけませんし、子供への虫歯感染も考えられるので早めにいきましょう。

妊婦さんのための無料歯科検診

妊娠の登録を行政機関にすると、無料の歯科検診のお知らせなどがくると思います。※住所がある行政によって異なるので確認が必要です。

私が住んでいる区では、妊婦さんのための歯科検診があって無料です。検診は無料ですがその後の通院にかかる費用はもちろん有料です。

妊娠中であること伝えて

お腹が大きくて歯医者の治療ができるの?と思うかもしれませんが、できますので安心してください。それまで定期的にクリーニングなど行っていた方も、引き続き通院をすることをおすすめします。歯医者の先生にも妊婦であることをきちんと告げましょう。

虫歯の早期発見や治療についての今後の流れを決める判断材料にもなるからです。

カルシウムの補充も

また赤ちゃんが生まれると母乳をあげますよね。そのときにカルシウムが不足しがちになります。

栄養が赤ちゃんにいってしまうためです。これは母乳からだけではなくお腹に胎児としている間も栄養は赤ちゃんに行きやすくなっているため歯がボロボロになってしまう恐れ、歯茎が痩せるということが起こりやすくなります。

小魚を食べたりヨーグルトを食べたりというカルシウム摂取は常に心がけておくことも大事です。知人で3人の子を出産したママさんは、歯が抜けやすくぼろぼろになってしまったと聞きました。胎児にカルシウムが取られてしまいきちんとケアをしていなかったのとカルシウムを摂取していなかったことが原因とされます。私は大丈夫!と思っていても蓄積されることがあるので常日頃から栄養摂取には注意しておきましょう。

産後は通院が難しくなる

産後は赤ちゃんにつきっきりになるため歯医者への通院も難しくなります。

そのこともあり、虫歯の治療は早めにということを言われるのです。

また大人の口の中ほど汚いものはないと言われます。赤ちゃんに飲ませる哺乳瓶には絶対に口をつけないようにしましょう。

いろいろな雑菌がたくさんあるなかで赤ちゃんと接触したくないですよね。もちろん口臭の原因ともなりますし、赤ちゃんにつばがかかってしまうようなこともあればそこからバイ菌が入って、、ということも十分に考えられます。

お腹が大きいと何かと不便になることも多々ありますができる限り歯医者は早めに行くことがいいと思います。

大丈夫!痛くなったときに行けばとか虫歯がないと前から言われているなんて人でもクリーニングや定期健診をしてもらいにいきましょう。

出産後というのは、本当に自分の時間が取れません。だれかに2時間くらい見てもらってその間に歯医者へなんて考えている方も多いでしょう。が歯医者の予約の時間との兼ね合い、新生児をママから離すこと、の重要性が問われます。

妊娠中だからできること

そのため、まだお腹にいるときにできることは終えておくということが大事です。これは歯医者だけではなく行政機関への申請や届け出についても同様です。

やれるときに資料請求をする、書類を記入しておく、などしておきましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です