;

帝王切開で「麻酔が効かない」ことはあるの?

『帝王切開で「麻酔が効かない」ことはあるの?』

帝王切開で出産した後の産後ガードル選びに悩んでいるプレママさんの中には、産後のことよりまずは帝王切開の麻酔について悩んでいるママも多いのではないでしょうか。

そもそも手術をすること自体が人生で初めてで「帝王切開の麻酔って本当にちゃんと効くの?痛くないの?」という心配されている方も多いと思います。帝王切開も、皮膚を切開することは普通の外科手術と同じなので、痛みを感じないように麻酔を行います。

 

麻酔は「局所麻酔」の脊椎くも膜下麻酔が主流

麻酔の方法はほとんどの場合「局所麻酔」となります。「局所麻酔」は痛みが出る場所を部分的に麻痺させる麻酔ですので、帝王切開の場合は胸部から腹部や下半身以外は感覚があります。意識はちゃんとありますので、赤ちゃんが生まれた時に産声を聞くことも、もちろんできます

「局所麻酔」にもいろいろ種類があるようですが、帝王切開に多く用いられるのは脊椎くも膜下麻酔。あまり聞きなじみのない名前ですが、世間では脊椎麻酔や腰椎麻酔とも呼ばれ、腰のあたりに長い針の注射を打つという帝王切開では最もポピュラーな麻酔の方法です。

もちろん麻酔を打つ前に皮膚に痛み止めをしてくれますので、この時点で痛みはありません。だんだん麻酔が効いてくると胸部から下半身の感覚がなくなります。この麻酔ですが、私の経験ですとなんと手は普通に動きます。もちろん、麻酔の効果で暴れたりしないように拘束されていますが、この手を助産師さんが握ってくれて、安心させてくれるので、全然怖くありませんでした。

麻酔が効かない!なんてことあるの?

この「脊髄くも膜下麻酔」、ごくたまに効きずらい人がいるようです・・・

普通の薬でも、人によって効果があったりなかったりするように、体質によっては効かないなんてこともあるみたいです。麻酔が効かないということは、手術中にとても激しい痛みを感じてしまうことになります。これは本当につらいことですが、担当医もプロです。痛み止めを追加してくれるなど、しっかりと対応をしてくれますので、あまり心配することはありません

ほとんどの場合は、麻酔がしっかり効いて痛みも感じないまま手術が終わります。もちろん、手術中に麻酔が効かない!なんて恐ろしいことにならないように事前に対策をたてることもできると思いますので、もともと何かにアレルギーがあったり、以前に薬と相性が悪いことがあったりしたときは必ず担当医に相談しておきましょうね。

また、痛みではないものの多くの人が手術中の皮膚の引きつれを体験することがあります。これも感覚として引っ張っているように感じるだけですので、痛みの心配はしなくても大丈夫です。

 

ほとんどの人はちゃんと麻酔が効きます

麻酔自体はほとんどの場合、何も心配いりませんし、手術自体は1時間程度で終わります。帝王切開という言葉を聞くと、「ちょっと怖いなぁ」と不安に感じてしまって、いろいろ考えてしまうこともあると思いますが、心配なことはまず担当医に相談しましょう。適切なアドバイスで、今までの不安が解消するかもしれませんよ。

帝王切開後の産後ケアは無理せず進めよう!

また、帝王切開は手術中は麻酔で痛みがありませんが、術後は傷の痛みが強いものです。そんな時に一番の産後ケアは、休むこと

出産前は帝王切開の不安で頭がいっぱいだったのに、無事に生まれてみれば女性としていち早く体形を戻したいと思うのも無理はありません。でもそんなつらい痛みを我慢して、骨盤ベルトや産後ガードルを焦って使わなくても大丈夫です。

しばらく休んで、傷の痛みが落ち着いてから自分の体調にあった骨盤ベルトや産後ガードルを選びましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です