;

妊娠から産後までの体重の変化と産後太り回避について

妊娠~産後の体重の変化と産後太り回避について

私は3回の出産経験がありますが、現在の体重は最初の妊娠前+7キロほどです。

産後太りを回避したい

産後太りを回避するには・・・先ず、当然ですが産後太りの悩みを微塵も感じない方もいるでしょう。誰しもが経験することではなく、家事や育児のストレスから妊娠前より痩せてしまう場合もあります。

「1人目は戻る」とよく聞きますが、私の場合は少し違います。

確かに体重は戻りました。しかし、筋力が低下し脂肪を蓄えたうえ骨盤の開きがある為、体重が戻ったとは言え体形は横に広がったままでした。太ってしまった後で思うことは、どうして太ってしまったのか、どうしたら太らなかったのかということばかりです。

 

妊娠中

私の場合は食べつわりが基本でした。

仕事をしていたのですが、つわりを理由に休んだり遅刻・早退が出来る性格ではないのでひたすら我慢。我慢をするにはやはり食べるしかない。食べつわり対策としてガムや飴がありますが、元々口の中に何かを入れておくことが苦手で逆に吐き気が強くなる始末。お腹を下し易く飲み物での対策も出来ず、結局お菓子を食べるばかりでした。

つわりが治まると、ご飯が美味しくてついつい食べちゃうんですよね。お腹が大きくなるにつれて胃が圧迫され食べる量が減るなんてことが無かったのも残念です。

最終的に妊娠前と臨月の体重差は、1人目:+8キロ、2人目:+13キロ、3人目:+9キロとなりました。

産後

母乳育児と粉ミルク育児はどちらが良いのでしょうか。

個人的には「赤ちゃんには母乳が1番」「母乳が出るのに粉ミルクを飲ませるなんて有り得ない」「母乳が出なくても吸わせてれば必ず出るようになる」と完全に母乳支持派です。

母乳育児をすると、体形などの戻りが早いと聞いたことがあります。ただ、母乳を出す為に無意識にたくさん食べてしまいます。授乳期は食べ過ぎた分が母乳になるかのように、太ることもありません。それが断乳した途端に、食べる量を減らすことも出来ず太ってしまうんですよね。

産後太りの解消法は・・・

ダイエットはやる気さえあればそんなに難しくは無いのかもしれません。ダイエットに費やせる時間やお金があれば尚のことです。しかし、育児をしながらではどうでしょう。家事や育児に追われ、趣味に没頭する暇も無い現実。ダイエットに費やせる時間なんて到底ありませんよね。

バランスの良い食事&適度な運動という理想のダイエットは無理に等しいです。

時は金なりとはよく言ったものです。お金に余裕があれば、子供たちを預けてジムなどに行くことが出来ます。高価なダイエット食品を試したり、食材や調理法にこだわったダイエットメニューを作ることも出来ます。

でも、そういったことが出来ない方がほとんどだというのが現実ですよね。

結果として言えること

私に出来ることと言えば我慢です。

チョコレートや炭酸飲料、大好きな甘いものを食べないこと。お腹いっぱい食べて更にデザートが欲しいところを、腹八分目にすること。

制限がある中で出来ることは単純なのですよね。

この「我慢」を始めてからは毎日少しずつ体重が減り、1ヶ月の減量が2~3キロとなるように調整しています。

我慢を始めてから2ヶ月目なのですが、3人目の産後から4キロの減量に成功しています。

目標は1人目の妊娠前に戻すことですが、もう少し経ったら次の子を考えているのできっと達成出来ないでしょうね。(笑)

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です