;

赤ちゃんに必要なもの・便利グッズ

赤ちゃんに必要なもの・便利グッズ

赤ちゃんに何が必要なのか、細かいところまでは経験してみないとわからないものですが、これらは私が買って良かったと思えるものです。参考になればと思い紹介します。

おむつ替えシート・使い捨てタイプ

これはみなさん、おむつ換えをするときに自宅ではいいけど、お友達の家や外出先では汚したらいけないと思うことがあると思います。

今では可愛らしいくて洗えるものや、レジャーシートの用な素材でできたものも多いのですが、私は断然使い捨てのものが良かったです。

外出先で捨てられるのはもちろんですが、家でも赤ちゃんというのはおむつから漏れたりしてしまうことがよくあります。そうした時に家でも敷いてしまえば布団など汚れる心配がありません。

使い捨てだと高いと思うかもしれませんが、汚れたものと一緒に包んで捨てることができる便利さには代えがたいですし、そうそう沢山使うものでもないのでコストは大してかかりませんでした。

赤ちゃんと出掛けるときはただでさえ大荷物になるので、断然使い捨てのもをオススメします。

≫ショッピング検索:おむつ替えシート使い捨てタイプ

抱っこ紐ダウンケープ

寒い時期にはジャンプスーツを買おうか悩む方もいると思いますが、なかなか着せるのが大変なんです。動くようになればじっとしてないし、寝ているのにも着せたり脱がせたりと少し面倒だったりします。

ダウンケープはベビーカーにも取り付けられるし、抱っこ紐にも簡単に取り付け可能です。着せたり脱がせたりの手間が少ないので、特にひとりの時には重宝します。

そしてなによりサイズが限定されないので長く使えて経済的です。

ここで選ぶポイントとしては出来るだけ軽いものを選ぶこと。子供はどんどん重くなっていきますし、荷物も増えます。少々お高くても、長く使えるし使うことを考えれば、軽くて機能的なものがおすすめです。

≫ショッピング検索:抱っこ紐ダウンケープ

スリーパー

こちらは寝るときに大活躍しますね。

季節に合わせて揃えられますし、エアコンでの温度調整をしきれない時や、寒い時には乾燥や寒さからも守ってくれます。

スリーパーなら寝相の悪い赤ちゃんでも大丈夫です。たとえ毛布を蹴飛ばしたとしても、ボタン付きのスリーパーなら肌けたり脱げたりしませんので安心。

産まれてすぐから、大きいものなら2歳くらいまで使えます。長く使えるのでオススメです。

下のショッピング検索などを参考にしてみてください。

≫ショッピング検索:赤ちゃん用スリーパー

抱っこ紐のよだれパッド

赤ちゃんは4ヶ月くらいからだんだんとよだれが多くなり、くわえられそうなものは口にいれたりするようになります。

よだれパッドは、抱っこ紐のベルトが赤ちゃんのよだれでベトベトになるのを防いでくれますし、抱っこ紐ってなかなか丸洗いしないので、赤ちゃんがくわえてしまう部分を衛生的に保つこともできます。

用意しておくとすぐに洗えるのでとても楽ですし、見た目にもかわいいものがたくさんあります。

抱っこ紐は産まれてからずっと使うもののなので衛生的に保つことがとても大事です。ママの胸元にもカバーがついてるものだと、ママのお洋服もよだれから守ってくれます。

抱っこ紐の収納に便利な「抱っこ紐カバー」というのもあるので、ここでは「よだれパッド」という呼び名を使ってますが、「よだれパッド」で見つからないときは「よだれカバー」で探してみると良いですよ。

≫ショッピング検索:よだれパッド・よだれカバー

抱っこ紐カバー

赤ちゃんと一緒にお出かけする際に重宝する、多くのママが持っているだろう抱っこ紐。

便利でママによっては必需品なのですが、赤ちゃんを抱っこしていない時ってかさばって邪魔ではないですか?仕舞うにしてもベルトがアチコチに絡まったりしてカバンに押し込んだりしてませんか?出すときも大変ですよね。

そんな時にとっても便利なのが抱っこ紐カバーです。

使い方も簡単で、抱っこ紐を腰につけたままクルクルっと巻いて仕舞うとウエストポーチのようになってくれます。

自宅やお出かけ先などで、抱っこ紐を使わない時も、抱っこ紐カバーに仕舞った状態ならかさばらずに置いておくことができますし、洋服掛けに掛けておくこともできてとっても便利なんです。

今はメーカーや色柄もたくさん出ているので、洋服やグッズとコーディネートすればオシャレに使えていいですよ。

「抱っこ紐カバー」で見つけにくいときは「抱っこ紐収納カバー」で探してみると良いです。

このサイトでも度々取り上げてますので、参考にしてみてください。

≫サイト内記事検索:抱っこ紐カバー

≫ショッピング検索:抱っこ紐カバー