;

お腹痩せに効果的な産後ガードル

産後ガードルは、決して安くはないものです。普段からガードルを着用している方は「産後もこれを履いていればいいのでは?」と思われるかもしれません。しかし、産後ガードルと通常のガードルは、設計が大きく違うことを知っておきましょう。

お腹痩せに効果的な産後ガードル

最大の特徴は履き込みの深さ

産後ガードルは、通常のガードルと比べて履き込みが深いのが最大の特徴です。

通常のガードルを産後に履こうとすると、ウエスト部分の上に妊娠期間で伸びてしまったお腹がどうしてものってしまいます。しかし、産後ガードルは一般的にウエストから5~10cm上、胃のあたりまでをサポートするように設計されており、すっきり履くことができるのです。

このように、ウエストだけでなくお腹の部分までしっかりとカバーするのが、産後ガードルの正しい着用法となります。

気になるお腹をしっかりカバー

「ガードルを着用すると、姿勢がよくなる」と感じたことがある方も多いのではないでしょうか。姿勢がよくなると、お腹やウエストラインのたるみも、自然と伸びます。その状態で産後ガードルを着用することで、身体が適応していく――つまり、ウエストが引き締まる効果が期待できます。

ただ、一見スリムになるという効果はありますが、緩んだ筋肉が戻ったわけではありません。やはり体操やストレッチなどで自分の筋肉をつけて、天然のガードルを身につけるのが、理想です。

ストレッチや体操も大事

産後の体形を戻すために、ストレッチや体操をしたいと思っていても、出産したばかりの女性の身体は自分が思っている以上に疲れています。そのことを忘れずに、まずは身体の調子を整えることが大切です。

そして、身体ケアの一歩として産後ガードルを着用し、余裕が出てきたらストレッチや体操なども取り入れていきましょう。運動をする時は苦しくなく、蒸れたりする心配がなければガードルをつけたままでもかまいません。

ただし、ハードタイプの産後ガードルは締めつけが強いため、思わぬ不調を引き起こすこともあります。そういった場合は、無理して履き続けるのは避けましょう。

妊娠、出産と女性の身体は大きく変化します。「お腹がたるむ」「体重が増える」というイメージが強い期間ではありますが、同時に女性の身体があらゆる変化に対してしなやかに順応できる時期でもあります。

上手にタイミングを見つけて、自分に合ったスタイルでダイエットに取り組みましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です