;

太りにくい!ダイエットに理想的な1日のスケジュール

産後は特に太りやすい、脂肪をためやすい状態に身体が変わってしまっています。

その体質をなんとかして痩せるそして痩せやすい、体質に変える必要があるのです。

太りにくい!理想的な1日のスケジュール

太りにくい!ダイエットに理想的な1日のスケジュールを紹介します。

あくまでも赤ちゃんと一緒の生活をするということを念頭に入れた状態でみてくださいね!

また季節も関係してきますので取り入れやすい部分から導入していきましょう。

 

~起床~

夜泣きも数回あるとすっきりと朝起きられないのが常。

無理して朝早く起きる必要はありません。

 

~朝食~

食べる習慣がある人はきちんと、食べる習慣がない方はヨーグルトだけでもお腹にいれておきましょう。

できればトーストよりも和食中心のタンパク質を多く含んだ、米、みそ汁、目玉焼き、トマト、焼き魚など。

~お掃除、お散歩、お買いものなど~

赤ちゃんが寝ている間に、そしてまたはお昼寝をするようにベビーカーでのお散歩なんていうのもひとつの手段ですよね。

ベビちゃんの様子をみつつ、自宅でまたはお部屋の中でストレッチなどもおすすめ。

太陽の光を浴びて簡単な体操をするのもいいですね。

お天気のいい日については、窓を開けて空気の入れ替えも大事です。

~ランチ~

1日3食きっちり食べる習慣がある人は、野菜を含めて好きなものを食べてもよいでしょう。できればお米を食べる場合については雑穀米などをセレクトするといいでしょう。

 

~間食~

なるべくとらない方がいいといわれていますが、どうしても小腹がすいてしまったときは200キロカロリー内でおやつOKです。

例えば、フルーツ、ダイエットサプリやナッツ、チーズやヨーグルトなんかを食べるのもお勧めです。

~夕食~

ダイエット生活をするのであれば夕食はなるべく早い時間に済ませておくことをおすすめします。例えばベビちゃんが午後の寝ている間にがっつり食べてしまって、夜は控え目に、または夜は食べないという生活でも十分です。

産後だから、授乳中だからたくさん食べないと!という方も中にはいらっしゃいますが、そうではないのです。二人分食べてOKということではありません。

一人分の食事で十分なんですよ。

あえて母乳に関して神経質になるのであれば、食べ物の内容を見直してもいいかもしれませんね。

ダイエット生活といいつつも、ベビちゃん最優先の生活ですからね。

生後1,2カ月は季節問わず新生児ですからなるべく外に出さないように自宅で静かに過ごしましょう。

外の気温などもみつつ、だんだんと外気浴をさせてあげるようにしていくと、ママのリフレッシュにもなるでしょう。

 

~睡眠~

夜泣きがあるとまだまだ十分に睡眠が取れないのは仕方ありません。

寝る時間が半分になるにもかかわらず、やることは変わらないという苛酷なママの生活。

しかしながら、ベビちゃんのお昼寝と一緒にママも寝てしまうのです。

30分でもお昼寝ができるととっても楽ですよ。夜の睡眠もなるべく早寝ができるようになるといいですよね。ダイエットにも睡眠は不可欠です。

夜中、超早朝、いつ起こされるかわからないですから。

きちんと睡眠がとれていないと身体が重くだるくなってしまします。

 

すっきりと気分爽快に新生活をやっていくためにも日々楽しみながら生活をしていきたいものですね。

特にダイエットのために変わった生活をしろというのではなく、朝起きて、必要な量を食べてそして睡眠をたっぷりとる、日中は1日のうちに運動、適度に動くということですね。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です