;

下半身太りはこれで解消!ストレッチとガードル

下半身太りの原因は?

産後の下半身太り、どうして起こるのでしょうか?

妊娠してお腹が膨らんだことが原因?

出産で骨盤が開いちゃったから?

年齢のせい?

なんて思っている方。どれも不正解です。

下半身太りは、腸や腰の筋肉の低下が原因なのです。

下半身太りはこれで解消!ストレッチとガードル

出産は下半身太りの直接的な原因ではありません。

妊娠中に弱った筋肉が原因です。

出産で骨盤は動きません。骨が動いてしまったら大変なことになります(笑)

年齢とともに身体を動かすことが減ってくるし、筋肉量が減ってくるそして代謝も下がるので、年齢のせいで下半身太りが起こるというのは間違いではありません。が

単なる加齢が原因ではないということです。

 

下半身の筋トレ

では産後、筋トレをどのようにすればよいかというと、

ポイントをいくつかご紹介します。

常に生活するうえでお腹に力を入れるようにする。

そんなこと?と思うかも知れませんが、常に意識付けすることは非常に重要だし、やってみると意外と出来ません。

あとは、寝る前、起きたとき、食事の前など時間を決めてスクワットを10回程度やるようにします。

10回がきつかったら5回でもOK。一度にたくさんの回数を行うよりも継続する方が重要です。

だたそれを最低でも1カ月は続けます。5回を毎食前にやったら1日15回です。

少しずつ継続して行うことでだんだんと筋肉がついてきます。

食事の前の5回のスクワット、10秒もあれば終わりますよ!

またストレッチもやっておくとリラックスにもなるし、産後の疲れた体をほぐす効果もあります。

 

ストレッチ

  1. 開脚をして身体を前に倒す(前屈)
  2. 上半身の側筋を伸ばすために、身体を左右足の方向に倒して背筋を伸ばす
  3. ストレッチが終わったら下半身のお肉をもみだす

お肉をもみだすことで凝り固まっている皮下脂肪を動かして、まずはむくみを解消するという手があります。

このストレッチ方法であればテレビを見ながらでも洗濯ものをたたみながらでもできますよね。

産後でも十分にできるダイエット法だと思います。

ガードルのお話

きゅっと引き締めて体形を補正するにはやはり産後ガードルが手っとり早いと思います。

というのも産後ガードルは下半身にかなりサポートがあって保温効果や引き締め効果があるからです。

商品によってロングタイプやショートタイプなどもあるので調べてみましょう。もちろん生地の収縮性や生地の丈夫さなども選択のポイントにしましょう。

ガードルによる引き締めは独特でこれによって身体にきゅっとした感じを覚えこませるのです。

私も産後すぐに使い始めましたが産後ガードルはなかなかおすすめです。

たるんだお腹がきゅっと引き締められ痩せた気分になれます。ので一度履いたら手放せなくなります。

産後ガードルの口コミやランキングなどもあるのでネットでみてみるといいでしょう。

妊娠によって増えた体重はなるべく早く減らしていきましょう!

鉄は熱いうちに打て!ではありませんが、身体の中の細胞が妊娠期から産後の脂肪が多い状態を通常と思ってしまう前に痩せる細胞を増やすという努力が必要なのです。

特に産後はそうですが、食事を減らせば体重がすぐに落ちて痩せられるという簡単なものではないです。

脱!下半身太り!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です