;

妊娠前の体形に戻りたい!~産後ダイエット~

産後3カ月が勝負!これが産後ダイエットが成功するか否かの分かれ目と言われています。

出産後、ゆったりとしていては脂肪がたまったままになってしまい産後太りの原因になります。

妊娠によってついてしまった皮下脂肪や出産によってしぼんだお腹のお肉をどうやったらオフできるのか?みていきましょう。

妊娠前の体形に戻りたい!~産後ダイエット~

筋トレ

妊娠中は筋肉が衰え、脂肪がつきやすくなります。

これは赤ちゃんを守るため身体がそうさせるので仕方ありません。

筋肉が衰えるのは動くことが減ったり運動ができなくなる、身動きもゆっくりになるし寝たり座ったりしている時間が長くなるからです。

そのためまずは妊娠前の体形に戻すには筋トレが必要となります。

椅子に座るのが多いのであれば、太ももに力をいれ両方のももを常にくっつけている状態にします。

これは太ももの内側の筋肉のトレーニングです。妊娠中、お腹が邪魔で足を広げた状態が楽ではありませんでしたか?足を広げていることは筋肉を使わないし自然と広がってしまうことってありますよね。それは太ももの筋肉が衰えているからなのです。

両方のももに力を入れつつ足首の運動や同時にその足を浮かせれば腹筋の運動にもなります。

キッチンに立ちながらでも足首を上げたり下げたり、を繰り返しやることでお尻の筋肉や腹筋も鍛えられます。

筋トレ時に気をつけたいこと

常にお尻や太ももの筋肉に力を入れておくようにします。

信号待ちでもだらっと立っているよりはシュット力をいれて立っていると姿勢もきれいに見えるしお尻のトレーニングにもなります。

“ここの筋肉を使っている”ということを意識しているだけでも違います。

ついつい力を入れることを忘れがちですが、思いだしたときにやるくらいでもOKです。

 

体形補正

妊娠前の体形になるには、引き締めが必須です。

前述したようにお腹など特に下半身に肉がついたままになってしまいます。

引き締めには筋トレと併せて産後ガードルや産後ベルトを使っておくのはいかがでしょうか。私は産後ガードルをはきつつその上から産後ベルトでさらに引き締めています。

ぶよぶよとしているお腹の肉を見ていると腹がたちます(笑)

“なんて落ちてくれないんだ!この肉はなんだ!”と思えてくるのです。

履くだけ、つけるだけのダイエットもありますがインナーマッスルを鍛えるという意味でも筋トレは大事です。引きしまった体形になるにはやはり努力も必要です。

ということで私は現在産後4カ月を過ぎましたが、産後ガードルや産後ベルトを使いつつ、寝る前にストレッチをしたり赤ちゃんを抱っこしながらスクワットをしたりと日々の生活の中に筋トレを入れています。

おかげで妊娠前に着ていた服は全て着られています!細身のデニムなどはやはり下半身のお肉が邪魔をしているのかきついので引き続きダイエットをしていきたいと思っています。

産後でも楽な洋服はたくさんあります。もったいないからといってマタニティの洋服を引き続き着てしまったりすると体形が隠れてダイエットには不向きです。

本気で産後痩せたいと思っている人、自分に厳しくやれる時にどんどんやっていく!ということに心がけ引き締めていきましょう!

 

体形戻しの勝負期間

産後はがんばらないと痩せない!そんな時期です。

一度ついてしまったお肉はなかなかとれません。細胞レベルで産後太りにならないように勝負は産後3カ月です!

そして継続がなによりも大切ですので、無理な目標をたてずに続けられることを優先に考えることをおすすめします!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です