;

普通のガードルと産後ガードルの違いって?

普通のガードルと産後ガードルの違い

産後ガードルを探しているママの中には、妊娠前に普段履きでガードルを履いていたママもいますよね。

特に働くママはスーツなんかを着る機会も多かったのではと思いますので、ボトムスをキレイに見せるためのガードルはとっても便利だったことでしょう。

そんなガードル経験者のママは、産後ガードルの代わりに普段使っていたガードルを利用したいなと思っていませんか?

妊娠、出産は何かと物入りですから、使える物は何でも使いたい!と言う気持ちになるのも無理はありません。産後に普通のガードルをはいて体形を戻すことって可能なんでしょうか。

そもそもガードルってなに?普段使いのガードルと産後ガードルってどう違うの?と疑問に思うママもいるはず。

そんなママはまず、普通のガードルと産後ガードルの違いを知ってから、自分に合った商品で確実に産後の体形を戻していきましょう。

 

普通のガードルの特徴

まず、普通のガードルというのはたるんだお腹やくびれがなくなったウエスト、垂れ下がったヒップを補正してくれる下着のこと。

この補正効果でボトムスを綺麗にはきこなすことができます。

若い時は何にもしなくても、むしろかぼちゃパンツだったとしても筋肉が発達して張りがあるので、たるみなんかとは無縁だったかと思いますが年とともに重力に勝てなくなってきます。

そんな時にはガードルにちょっと手助けしてもらって理想の体形を演出できます。

ちょっと食べ過ぎた日々か続いて体形が崩れたときなんかにはとっても便利ですよね!

ただ、「体形を整える=締め付け感がある」ので、ちょっと窮屈なものが多くて、苦手なひとも多いかも知れません。最近は履いているだけでカロリー消費が増えるなんていう商品もありますね。

ただ、基本的には体形をきれいに見せるために締め付けるというタイプが多いので体形そのものを直す効果はないものが多いです。

 

産後ガードルの特徴

さて、続いて産後ガードルですが、こちらには普通のガードルの基本的な機能に加えて、開いた骨盤を締めてくれる機能や下半身を温める機能が付加されています。

産後は出産による骨盤の開きや筋力の低下などで骨盤のゆがみなどが最大の心配ですよね。とても気になります。

そのため産後ガードルの場合は、体形をきれいに見せるような補正効果より骨盤を引き締める効果の方が高く、どちらかというと締め付けはゆるめです。

骨盤を引き締めて、温めることによって体形自体にアプローチする商品が多いので体形を元に戻す効果が期待できます。

産後は産後ガードル

産後は産後ガードルを新調することをおすすめします!

産後は血流が乱れて冷えが気になるなどのマイナートラブルが起きることもあり、下半身の締め付けは御法度。

締め付けるタイプの多い普段使いガードルは、ちょっと使いづらいかなと思います。

産後のデリケートな時期はやっぱりその時期専用のものを使いたいですね。

産後ガードルのように緩やかな締め付けで、体形をもどすのがベストだと思います。

最近の産後ガードルは、以前よりだいぶお安くなっていますので、1枚新調するのをおすすめします。

普通のガードルを利用したい場合は、産後しばらく経って体調がおちついてから。

骨盤引き締め効果があって、あまり締め付けが強くないものを使いましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です