;

産後ガードルを着ていたい理想の期間

産後、1ヶ月程度のママさんの体調は実に不安定です。出産で消耗した体力を回復するだけでも時間が掛かります。また、子宮から悪露と呼ばれる出血が続くほか、生まれたての赤ちゃんの世話も昼夜を問わず続くので疲労が蓄積する日々です。

産後ガードルを着ていたい理想の期間

出産で開いた骨盤が自然に閉じて、おなかまわりが安定してくるまで1、2ヶ月は掛かります。その後、産後ガードルを使ってふくらんだおなかまわりを押さえるようにします。

個人差はありますが、産後1ヶ月から半年の間にしっかりと産後ガードルを使ったママさんほど、妊娠前のようなスタイルを取り戻しやすいことがわかっています。人によっては半年を過ぎても1年ぐらい使い続けて、確実に元の体形になるよう頑張っているママさんもいます。

骨盤が整うこと、子宮やその周辺の筋肉が落ち着いてぽっこりおなかが引っ込むのには、授乳のスタイルも大きく関係します。完全母乳で育てたママさんは体形を戻しやすく、産後ガードルをそれほど使わなくてもシェイプアップに成功するケースが多いようです。一方、部分的に粉ミルクを使う混合母乳や完全にミルクにすると、自然に産後の体形を戻そうという力が弱まるせいか、ボディケアにも時間が掛かるようです。

頼り過ぎは避けましょう

また、産後ガードルだけをつけていればスタイルが取り戻せるというわけではありません。産褥期である産後6週目から8週目あたりまでに体力回復が目的で推奨される産褥体操は、その後のヘルスケアに大きく影響されると言われています。出産でゆるんだ腹部や肛門周辺の筋肉を早く引き締めるのに役立つばかりでなく、無理のない程度で体を動かすので血行促進につながり新陳代謝を高めます。

産褥体操は呼吸法や体のパーツをゆっくりと動かす体操法などを組み合わせてできています。産後に開いた骨盤をサポートする体操も含まれているので、産後ガードルとセットにするとさらにどちらの効果も高めることができます。

産褥体操など産後のボディケアが終わった後から半年ないし1年間ほどは、産後ガードルをぜひつけておきたい理想的な期間です。もちろん、ある程度自分で効果が出たと実感できたら体形をチェックしてみて外してもかまいません。

 

ぜひ無理しない程度に体を動かしながら、産後ガードルも着けてみましょう。最初は圧迫感を強く感じたり、気分がすぐれないようなことがあるかもしれません。様子を見ながら、着け外しをして、少しずつ装着する時間を伸ばしていってみてください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です