;

産後に使う骨盤ガードルの効果は?

出産前の方、産後の方、体形に悩めるプレママ、ママ必見です!

産後に使う骨盤ガードルの効果は?

“体形補正などのガードルの効果は本当にあるの?”

“ただ履いているだけでシェイプされるの?”

“骨盤ガードルを履けば骨盤が戻るの?”という方。

そんな骨盤ガードルについての効果を御紹介したいと思います。

そもそも骨盤ガードルとは

骨盤を整えるガードルではなく、骨盤の広がりなどによってお肉がつきやすくそして落ちにくくなってしまうのをストップさせるという役割があります。

よく皆さん勘違いされるのは、出産によって骨盤が開いてしまったから骨盤ガードルや産後ガードルを使って骨盤を元の状態に戻す!ということです。

骨は簡単にずれませんのでご安心ください。

出産の胎児が産道を通って生まれてくることでそれと同時に骨盤が広がってしまって元に戻らなくなるというイメージが多いと思いますがこれは全くの勘違いです。

狭い産道をとおってこられるのは赤ちゃんが上手にねじれて出てくるからなのです。

骨盤は動きません。

すなわち、産後の下半身や下腹部のお肉というのは、筋肉の衰えが招いたものになります。

ぼてっとしたお肉は、胎児がお腹にいたときの張っていたお腹がたるみ、筋肉がついていないためそして重力に逆らえないという全てが重なってぽっこりお腹になってしまうのです。

産後ガードル

ぽっこりお腹をシェイプしてくれる、きゅっと引き締まった状態をキープするよう身体に覚え込ませるのは産後ガードルなのです。

お肉を垂れないようにさせるには筋肉をつけなければなりません。

そのため運動を!と言いたいところですが、産後の疲れた体、赤ちゃんとの生活、家事と育児の両立、働くママはお仕事。全てをこなしている時間の間できちんとした運動はできませんよね。

空いている時間があれば少しでも休みたいものです。

そんな忙しいママのためにも産後ガードルはおすすめです。

産後ガードルの効果は?

履いただけで痩せた!というのであれば世の中の誰しもがほっそりしていますよね(笑)

すぐに効果はでません。少なくとも3カ月は継続してガードルを履き続けます。

そうすることによって身体がだんだんとシェイプした状態(ガードルを履いている時の状態)になってくれます。

私の体験から

私が使っている産後ガードルのトピナガードルの場合はフロントホックがあってそこでもさらにきゅっと引き締めてくれます。

私の場合の効果を御紹介します。

私は妊娠前などほとんどスリムタイプのパンツをはいていたため、このトピナガードルを履いてからパンツをはくなんてことができません。トピナガードルは厚手素材のため。

そのため私は自宅にいる間のみ、ガードルを着用するようにしました。

3つホックがあるうちの1カ月目は一番外のホック、最初は一番外側のホックですらきつかったです。息を止めないとはまらない状態でした。

それが2ヶ月目には頑張れば真ん中のホックにはまるという状態。

そのため気合でホックを真ん中で留めるようにしました。

1週間ぁら2週間程度で真ん中のホックもうスムーズに入るようになりました!

生地が伸びたのかな?と思ってしまいましたが、洗ってもヨレないのできちんとシェイプされているのだと思われます。

産後3カ月ともなればベビちゃんを連れてお散歩などの外気浴にも出られます。産後ガードル着用に合わせ軽い運動も混ぜながらダイエット。

3カ月から4カ月は、フロントホックが一番内側になりました!

このまま5カ月、6カ月と履き続けさらなるシェイプを目指していきます。

おまけ

どうしても骨盤が気になるようでしたら、骨盤ガードルを使うより、骨盤矯正のエクササイズや、骨盤ベルトを活用して時短エクササイズをすることをお勧めしておきます。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です