;

フィットが大切!産後ガードルの装着感

産後ガードルはフィット性、装着感が大切

産後ガードルは骨盤を締める効果を期待して使うので、フィット感が大切です。適度にフィットする商品でなければ、出産で開いた骨盤からお腹周りを元通りに戻すサポート力が思うように出ないからです。産後、骨盤は自然に元に戻ろうと自ら位置を調整します。ママさんによって個人差はありますが最低半年から1年ほど掛かります。出産後、ママさんの体調が戻るには時間が必要です。骨盤が上手に閉じていく手助けを産後ガードルでしてあげると、スムーズに体力の回復が見込めます。

産後ガードルのうち、広く使われている産後サポーターと産後ニッパーはフィット感が大きく異なります。こちらを例にとって産後ガードルのフィット感や装着感をイメージしてみましょう。

産後サポーター

産後サポーターはやわらかいボディウォーマーを想像するとわかりやすいです。腹巻きのようにフィット感がゆるくあたたかい素材で作られています。したがって、矯正下着のような固めの締め付けはなく、骨盤を閉じるサポート力はあまりありません。それより、おなかを温めて内臓を守ったり、下腹の肉を支えたり、腹部のやさしいサポートに使うものです。妊娠中、ウエストは最大20センチ程度大きくなります。出産で一気にサイズダウンするので、お腹の皮膚がたるむおそれがあります。妊娠前のお腹を取り戻したいとき、あまり締め付けるものを避けたいなら産後サポーターを選びましょう。ただ、やさしいフィット感のため長期間着けられます。日中はもちろん夜寝るときもそのまま使える産後ガードルです。

産後ニッパー

一方、産後ニッパーはお腹に巻いてマジックテープで留めるタイプのものが多く出回っています。自分でフィット感を調節できるので、お腹周りのサイズや体調に合わせられるのがメリットです。出産後、育児をしながらでは産後ガードルを着け外しする時間も取りづらいほど忙しくなります。一度着けて、また外したり調整するのは大変です。しかし、マジックテープの産後ニッパーなら座っている状態や寝ている状態でも簡単に着脱したり、サイズの調整が可能です。

産後ガードル

フィット感を大切にしたい産後ガードル。商品サイズは一つの目安なので、実際に装着してみてフィット感を確かめることがポイントです。事前に買い置きしておくよりは、産後に試着して自分のお腹周りにフィットするかをよく確かめてから選ぶのがおすすめといえます。骨盤を正しい位置に戻して、お腹の保護や体力回復をサポートする産後ガードル。できるだけ適度なフィットが見込める商品を選びましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です