;

産後ガードルは身近なもので代用できる?

「産後ガードル」は、なかなかお値段が張るもの。産前産後はなにかと物入りですので、購入をためらう方も多いのではないでしょうか。産後ガードルは、そもそも本当に購入が必要なのか、検証してみました。

産後ガードルは身近なもので代用可能?

『産後ガードルは身近なもので代用可能?』

骨盤ケアを目的とする「産後ガードル」

骨盤ケアを目的として作られたリフォームインナー、それが産後ガードルです。

産後、女性の身体は骨盤が緩み、歪んでしまうこともあり、脂肪がつきやすくなる傾向があります。

また、腰痛や尿漏れ、恥骨痛など、さまざまな不調を起こすことも。そんな時に骨盤周りを整え、歪みを矯正してくれるのも産後ガードルです。

 

ガードルと産後ガードルの違い

一時的にしか使わないものなら、なにか身近なもので代用できないのでしょうか。

普段使用しているガードルを思い浮かべる方も、多いかもしれません。通常のガードルと産後ガードルの一番の違いは、産後のセンシティブな身体を考慮した優しい設計と、高い骨盤サポート機能が挙げられます。

また、通常のガードルを履こうとすると、産後たるんでしまったお腹がウエストのところでガードルの上に載ってしまうことも。

産後ガードルはハイウエストに作られているので、ウエストラインをしっかりサポートし、美しいシルエットを実現してくれます。

 

産後ガードルに頼らず、ストレッチで骨盤矯正

ストレッチで天然のコルセットを身に着けるというのも、ひとつの方法です。

産後ガードルは、あくまで出産で疲れた身体を労りながら、骨盤を正しい位置に戻すためのサポートをするもの。理想としては、身体を動かして腹筋・背筋を鍛え、自分の筋力をコルセットとして身に纏うのが一番なのです。

身体を動かすのが苦にならず、産後も体調がよい人は、産後ガードルに頼らず骨盤戻しストレッチをするのも一つの方法といえます。

 

忙しいママは頼ってもいい

産後ガードルは、産後のママに優しく、かつ機能的に作られています。慣れない育児に日々奮闘して疲れてしまい、なかなかストレッチまでできないという時には、無理せず産後ガードルの力を借りましょう。

本来、産後ガードルは体形戻しよりも、骨盤や内臓を正しい位置に戻すことを目的としています。赤ちゃんのためにも、ママの身体の調子を整えることを真剣に考えてみてください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です