;

産後ガードルの選び方

出産後の体形に悩んでいる方、現在は出産前でも産後の体系が今から気になってしまっている方、ぜひとも産後ガードルを使った体形補正をしてみてください!

といってもどんな産後ガードルがいいのかわからないという方は多いでしょう。

産後ガードルの選び方

●選び方のポイント

値段で選ぶ

産後ガードルと一言でいっても安いものでは3000円くらいから高いものだと15000円くらいまで幅広くあります。

値段と効果は必ずしも比例するとは限りません。自分の身体へのフィット感なども含めて検討する必要がありそうです。

値段で選ぶのであれば、安いに越したことはありません。が買い替え、履き心地、持続性(洗濯したときの伸び縮みなど)も考慮して選択してください。

タイプで選ぶ

膝上くらいまでのロングタイプなのか、太ももの真ん中あたりまでまたは、ショーツと同じ長さのショートタイプなのかで選ぶ方法もあります。

太もも部分の締め付けがどうしても気になる、嫌だという方はショートタイプがおすすめです。

生地で選ぶ

レース生地で通気性がいいもの、厚手の生地で収縮性があるものなど季節もありますし生地もよくみましょう。何回洗っても破れたりほつれたりしないというしっかりした生地を選ぶことをおすすめします。

締め付けが強いタイプでなおかつレース生地などでできている場合については、履くときにレースに爪がひっかかってしまったり、履くときに力が入るためレース生地の中に指が入ってしまって穴があいてしまったなんていうことが発生しやすいです。

締め付け感で選ぶ

一番重要なのが、この“締め付け感”です。

きゅっと強い圧がかかってしめつけられるタイプや締め付けが緩やかなのにもかかわらずお尻やウエストがシェイプされるというものがあります。

強い締め付け=シェイプアップできるということではありません。

締め付けが強いとストレスに感じたり締め付けによる体調不良にもなりかねません。

試着すること

痩せたい!という気持ちが強い締め付けが求めるのはよくわかりますが、健康に快適な生活があってからのダイエットです。産後ガードルを購入するときはなるべく試着をしてからまたはきちんとサイズを測ってからの購入をおすすめします。

 

●まとめ

産後ガードルの購入するときのポイントとしては、

・価格

・タイプ

・生地や素材と自分の体とのフィット感

などで選ぶことをおすすめします。

身体に合っていない産後ガードルを着用したとしてもきちんとしたシェイプになりません。

大きすぎても余計に重力に逆らえないお肉になってしまって垂れ下がってしまう原因になりますし、小さすぎても今度は窮屈で血流を圧迫してしまい気分が悪くなる他、うっ血してしまうことにもなりかねません。

産後(出産してからすぐ)に使えるものとして、そしてどうせ買うなら長持ちするものの方がいいですよね。買い換え等を含めて上手なお買いものをしましょう。

また産後ガードルとしての御紹介でしたがシェイプアップは永遠の課題です!長年愛用できるものを選びましょう!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です