;

産後ガードルの効果を上げるために体に合ったものを選ぼう

産後ガードルの効果を上げるために

赤ちゃんを出産するというものは母体にとって大きな変化です。

赤ちゃんを守るため骨盤が変形し、脂肪もつき、出産を経験することによって体重が増えたり体形が変わった女性も多いでしょう。

これはある意味仕方のない事であり、出産という喜ばしい事の一部であると考え受け入れるのもいいことですが、そんな産後の体形変化をある程度矯正するアイテムがあることを知らない方もいるでしょう。

そんなアイテムのひとつが、産後ガードルです。

産後ガードル

産後ガードルとは締めつけの強い下着であり、出産後の体形補正をしてくれるものです。

歪んだ骨盤を安定させながらたるみが出てしまったお腹まわりやお尻、太ももを引き締め、それらを元の体形に戻す手助けをしてくれるものですね。

実際に装着してみると、強いフィット感を持った下着だと感じるでしょう。

選ぶときの注意

締め付け力が強すぎるため出産直後に着けてはいけない品が多いということです。

使う時期

いつからつけるかと言うのは産後の骨盤の回復度合いや体調の個人差があるのですが、一般的には産後2週間から1ヶ月ごろからつけ始める人が多いようです。

大抵の商品にはいつから着けたらいいかが書いてあるのでそれを参考にしましょう。医師に相談してみてもいいですね。

装着期間も人それぞれですが体形が戻ったと自分で感じたらやめるのが一般的です。

数ヶ月間の人が大半ですが、中には一年間履いていた人もいます。効果には腰のサポートの効果もあるので、腰が痛む方などが長く愛用することもあるようですよ。

体に合ったものを

産後ガードルはこれだけ長く使用する可能性のあるものですから、きちんと自分にあったものを選びましょう。

素材の違いによって通気性が良いもの、保温効果があるものなどもあり、特に冷えから守ってくれる保温効果を重要視したものが人気です。

締め付けが強めとはいえ、苦しいほどでは意味がありません。

夜に寝るときも常に装着してけるものもありますので、選ぶときの参考にしてみると良いでしょう。

気になる方は、「夜用」という少し緩めのタイプの産後ガードルもあるのでそちらも用意しておくのがおすすめです。

使ってる人の意見を参考に

それでも種類が多く、どのガードルを選べば悩む場合はインターネットなどで口コミを調べてみましょう。

色々な商品を比較して書かれてあることも多く、自分に合ったものが選べるはずです。

選ぶ基準

選ぶ基準としては締め付け度合い、サイズ、保温性、通気性は特に重視した方がいいですね。

タイプによっては太もも部の長さも違います。

自分が普段着る服装を考え、それに影響が無いデザインのものを選ぶこともいいでしょう。

トイレの時の使い勝手を調べておくことも、人によっては必要なことかも知れません。

産後ガードルは身体に装着するものです。

産まれたての赤ちゃんと過ごす大切な時期でもありますし、自分に合ったものを選ぶためしっかりと情報を集めることをおすすめします。

 

おすすめ記事

おすすめ産後ガードルの口コミ情報

産後ダイエット体験記&おすすめ産後ガードル

産後ガードル《5選》各種比較ランキング

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です