;

痩せる食事の取り方

痩せる食事の取り方


産後のダイエットで思いつくのは、エクササイズして食事を減らす事と思っていませんか?

でも産後は授乳中でもあり、無理な食事制限や栄養の偏りがあっては、ダイエットはおろか、ママだけでなく赤ちゃんにも悪影響が出てしまいます。

どんな食事が産後のダイエットに向いているのでしょう?

産後に向くダイエット食

産後ダイエットをしようとする場合、食事の基本は低カロリーで栄養がしっかり摂れるメニューや食材選びが大切になってきます。

食材については、今までも低カロリーで栄養価の高い物をいくつかご紹介していますので、今回はメニューについて考えてみます。

産後は和食がおすすめ

低脂肪低カロリー

産後に必要な栄養素を多く含む食材を使い、更に低カロリーである和食は産後ダイエットにピッタリです。

和食のメニューには油を使用せずに調理されている物が多くあります。

煮物や和え物といった、油を使わずに調理するもの、素材の味を生かしたメニューが多いのも、和食の特徴です。

血糖値が上がりにくい

更にパンよりもご飯の方がカロリーが低い上に、腹持ちも良く、噛む回数も多くなるので満腹感を得られやすいのです。

小麦粉より血糖値が上がりにくい面があり、ゆっくり食べることでさらに効果的です。

ミネラルが豊富

またご飯にはビタミンやミネラル等の栄養も含まれていますし、一緒に食べる納豆や味噌汁といったものはカロリーも低く、栄養バランスも申し分なしです。

パン食よりご飯食

パンは手軽に食べられる利点はありますが、油脂分が含まれてカロリーが高いものが多いのと、バターやジャムを塗ったり、ベーコンやオムレツといった一緒に食べる物もカロリーが高い物が多くなりがちです。

忙しい朝ですが、ダイエットの一歩として、朝食が洋食の人は和食に変えてみてはいかがでしょうか?

和食で注意すること

和食にも天ぷらやトンカツ等、揚げ物になるとカロリーがグンと高くなります。

たまにはこういったものが食べたくなる時もありますが、量や回数に気をつける事、また揚げ物に含まれる脂分は母乳の出も悪くなる原因になるので、なるべく控えたいものです。

また、丼ものは調理も食べるのも手軽で楽ですが、高カロリーであることが殆どです。出来るだけご飯とおかずを分けたメニューを取りましょう。

ダイエット全般で気を付けてほしいこと

食事でダイエットをする場合、カロリーが低いから、腹持ちが良いから、手軽に栄養が摂れるからと、同じ物を食べ続ける人もいますがそれでは栄養が偏ってしまいます。

一番気をつける点は「低糖質」であることです。

毎日色々な食材を使い、栄養バランスの取れた食事を心がけながら、健康的なダイエットを心がけてください。