;

産後ガードルって何着くらいあればいい?

『産後ガードルは何枚必要?』

ローテーションを考えて産後ガードルは二着あったほうがいい

洗濯のローテーションを考えて産後ガードルは二着あるのが理想と思います。

産後の骨盤矯正の助けや、インナーマッスルを戻そうとするときの補助として活躍してくれる産後ガードル。いろいろな商品があり商品ごとに特徴がありますが、購入をしようと思った時に何枚いるのか、まず考えてしましますよね。

ずっと洗濯しないというわけには、もちろんいけませんので、常時つけておくためには二着あってローテーションしたいと思う方も多いのではないでしょうか。

価格を抑えて二着か、しっかりしたものを一着か

二着用意するか、一着にするのか。これは予算とガードルの価格によって変わると思います。価格を抑えたガードルを二着購入するのか、価格が高くてもしっかりしたガードルのを一着買うのか非常に悩みどころです。

人によって重視するポイントは違うかと思いますが、必ずずっとつけていなくてはいけないものでも無いのでしっかりとしたものを一着購入したほうがいいのではないかと思います。

他の方に聞いたり、ネット上の情報や口コミを見るとやはり一着の方が多いようです。

洗濯

産後ガードルは基本的には普通のアンダーウェアと同じ洗濯で、他の洗濯物とくらべても乾くまで特段が長いわけではありません。

一着の場合は普通に洗濯し、その間は着用せずに着れる様になってから再度着用しましょう。

 

産後の経過によって異なる物を利用するのか

出産直後から体形や骨盤などが大きく変化していきます。ガードルも産後の経過によって少しずつ若干ではありますが、合わなくなっていきます。

厳密に考えるとその経過に合わせてガードルを変えたほうがいい気がしますが、さすがにそんなに安い買い物でもないので一種類の産後ガードルでいいのではないでしょうか。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です