;

便利でかわいい抱っこ紐カバー

便利でかわいい抱っこ紐カバー

育児で便利な抱っこ紐

出産をへて、子育てされているかたの多くが利用している育児グッズとしてあげられるのが”抱っこ紐”なのではないでしょうか。

特に新生児~1歳くらいまでの期間は抱っこ紐を使用する機会が多くあるかと思います。

ママは基本両手が空いていないと、買い物なんかもままなりませんね。ママになってリュック派になった人が多いことも頷けます。

便利な抱っこ紐の唯一の難点をカバーする

ただ、一般的な抱っこ紐は少しかさばってしまうのが難点ですよね。赤ちゃんが寝てしまった時やスーパーでのお買いものなどでベビーカーにうつしたい時や、お出かけのさいにチャイルドシートに乗せる時など、いったん抱っこ紐を収納しておきたいシーンが意外と多くありました。

そんなときに便利だったのが抱っこ紐カバーです。

各メーカーから本当にたくさんの色柄が出ているので色違いでそろえたくなります。要領もショルダーバッグや少し大きめのウエストポーチくらいのサイズ感なのでかなりコンパクトですね。

抱っこ紐カバーを使ってみる

今までは赤ちゃんをベビーカーなどに移してしまった後も、そのまま抱っこ紐をつけっぱなしにしていました。少しだらしないかなと感じながらも、手持ちのリュックやバッグに抱っこ紐を入れるとなると他の荷物が入りませんよね。

でも抱っこ紐カバーがひとつあれば、いつでもササッと素早くかさばる抱っこ紐を収納できてしまうのです。

しかも収納していない時はかなりコンパクトになるので、お出かけの際などいつでも持ち歩けますね。

そして嬉しいのが収納方法がとっても簡単、さらに抱っこ紐を装着した状態から収納カバーを装着してボタンをとめ、抱っこ紐カバーの中にクルクルと織り込んでいくだけで収納完了なのです。手軽だから億劫になりません。

抱っこ紐の定位置も決めやすい

私は家に帰ってからも抱っこ紐の定位置がなかなか決まらなかったのですが、私の場合家の中でもけっこう場所をとっているように感じていました。

でも抱っこ紐カバーを手に入れてからはちょっとしたスペースにかけておけるようになったので、いつも持ってでるリュックと一緒にフックにつるしています。おかげでお出かけ準備の時間がすこし短縮しました。

おすすめします抱っこ紐カバー

≫抱っこ紐カバーのショッピング一覧

パッと見たかんじ抱っこ紐カバーと気づかないくらい可愛いものが多くでていますのでバッグをひとつ購入するような感覚でお洒落アイテムとして持てるかなと思っています。

まずは無難に無地のものを購入しましたが、もう一つボーダーやチェック柄なんかがあってもいいですね。

2種類くらいあると、その日のコーディネートによって使いわけたりできるのでいいのではないでしょうか。

抱っこ紐カバー関連記事

このサイトでも度々抱っこ紐カバーを取り上げています。

ぜひご覧になってみてください。

≫抱っこ紐カバー関連記事一覧はこちらから