;

オシャレママは使ってる!抱っこ紐カバー

オシャレママは使ってる!抱っこ紐カバー

赤ちゃんを迎える準備は本当に楽しいものですよね。小さな産着やお布団などを買い揃えるたびにうきうきしてきちゃいます。

抱っこ紐は必須アイテム

中でも、ベビーカーやチャイルドシート、抱っこ紐などは日常生活で赤ちゃんを育てていくうえでの必須アイテムです。

赤ちゃんと移動する、というのは慣れるまでは想像していた以上に苦労を伴うものなです。

これまで一人で身軽だったのが、ちょっとコンビニに行くにしても、いつでも赤ちゃんと一緒に行動しなくてはなりません。

常に携帯したい抱っこ紐

さらに移動中のママはとにかく何かと荷物が多くて、持ち物はできるだけコンパクトにしておかないと、うっかり大切な赤ちゃんを落としたら大変!

抱っこ紐を使えば両手が空くので、ママが効率よく動くには抱っこ紐は常に携帯しておきたいアイテムです。

抱っこ紐の難点

ところがこの抱っこ紐、持って歩くには実は意外とコツがいるのです。

きちんと紐部分を収納しないであわてて手に取ると、ショルダー部分や腰ベルト部分がぶらりと垂れ下がり、踏んづけたり引っかけたりと非常に危険で、さっと持ち運ぶには、抱っこ紐を収納しておく入れ物を他に持っておく必要があるのです。

抱っこ紐を収納するカバー

そこでお勧めしたいのが「抱っこ紐カバー」です。

インターネットで調べてみるといろいろなデザインがヒットします。

もちろん既製品を購入してもよいですが、意外と簡単にハンドメイドできるので、自分好みの生地を用意して手縫いやミシン縫いに挑戦してみても楽しいと思います。「抱っこ紐カバー 作り方 簡単」などで検索すると制作手順を見つけることができます。

抱っこ紐カバーの最大の特徴は、とにかくコンパクトにまとまる、という点です。ジャストサイズに作られているので、弛みなくぴっちりと収納できます。

使い方は簡単で想像以上に便利です

そしてこのキュッと収納できた状態の抱っこ紐が、実際使ってみると想像以上に役に立ちます。

抱っこ紐の腰ベルトだけを身体に付けた状態で、本体はカバーの中に収納しておきます。そして赤ちゃんのおしりをその収納された抱っこ紐カバーの上に腰掛けさせるようにして抱くと、片腕でも腰に負担なくラクに抱っこができるのです。もちろん縦抱きなのでしっかりと首が座った赤ちゃんに限りますが。

抱っこ紐をかけてしっかりと抱くのではなく、ほんの一瞬だけ抱き上げたいというときにとても便利なアイテムです。

抱っこ紐カバーを買う際の注意

全てのタイプの抱っこ紐が収納できるとは限らないので、お手持ちの抱っこ紐がくるくると丸くたためる硬さか確かめてみてください。

またお使いの抱っこ紐のメーカーや品名から、適応する抱っこ紐カバーがあるかどうか、メーカーや販売店に訪ねてみることです。

必需品になること間違いなし

出産準備で抱っこ紐は購入していても、抱っこ紐カバーまで用意できる人は初産ではそう多くはいないのではないでしょうか。

実際に抱っこ紐を持ち運んでみて、引っかかる紐部分が多くて困る!という声から生まれた商品です。持っていて損はないですし、むしろ一度使ったらもう抱っこ紐カバーなしではいられません。

抱っこ紐には人気のメーカーやデザインがあるので、うっかりご近所さんと被ってしまった!なんてことも多々ありますが、オシャレなママさんはこの抱っこ紐カバーで個性を出しているのです。

季節で素材や柄を変えたり、リバーシブルの生地にして使ったりと、みなさんおしゃれの一部として楽しんでいるようです。

抱っこ紐はかなり長い期間使用することになるので、コスパ的にもいいアイテムです。まだお持ちでないママさんは、ぜひ一度抱っこ紐カバーを調べてみてくださいね。

関連記事紹介

当サイトでは抱っこ紐や抱っこ紐カバーに関して度々取り上げてきました。

≫抱っこ紐関連記事の一覧はこちら

≫抱っこ紐カバー関連記事の一覧はこちら

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です