;

産後ダイエット・アイテム選びのコツ

産後ダイエットのアイテム選びのコツ

産後アイテムで購入予定のもの、購入済みのものはありますか?

私がいくつか購入した産後アイテムを紹介しつつ、効果も混ぜて紹介していきたいと思います。

簡単にプロフ紹介~

妊娠により体重が12キロ増加

妊娠中はあきらめて痩身や体形のことは気にせず食事や好きなものを食べていた

出産後に頑張って体形を戻そうと妊娠中から意気込んでいた

出産前の時間があるときに、産後の体形のことについて知識をいれていたどうしたら産後元の体形に戻れるかなど。

実行していること

産後ガードルやベルトを使ってお肉をきっちりと引き締めること、そして筋肉をつけることこの2つを頑張ろうと思い、出産後1か月経過した今現在も続けています。

産後ベルト

一言で産後ベルトといってもたくさんあり、カタチなども異なります。がほとんどが似たような感じの商品です。

値段の違いとなるとサイズや素材、メーカーの違いということになります。

例えば、ある会社のベルトはマジックテープでとめるタイプ、ある会社はホックでとめるようになっているなど。また長さの調整などができたりという細かい点になりますので、あとは好みだと思います。

商品選びのポイント

・生地がきちんとしているか

洗ったり長く使ったりするとヨレたりしないか、きゅっと引き締めたときにストレッチがきいているかなどみます。

・締め付けは自分で行えるのか

・脱着が楽ちんか

脱着が大変だとトイレにいくのも一苦労です。そのためめんどくさいからつけたくないという感じになってしまいがちなので、ストレスなく長く使えるものを選びます。

産後ガードル

ガードルについてもベルトと同じです。

締め付けのタイプや長さは好みで選びます。

どのように締め付けるのか、お尻のほうにサポーターが入っていてヒップアップもできるものなど、締め付けがスーパーハードなもの、ハードなものソフトなものなども今では多くでています。

もちろん金額についてもピンキリです。

高いからといって引き締め効果がでるという効果と金額は比例しませんので気を付けましょう。

ガードルについてはレース生地など薄手のものは避けた方がベターです。

というのも女性の場合爪などでひっかかってしまったり、力強く上に引き上げてはくときに穴があいてしまったりするからです。

洗っても縮まない、そしてサイズが変わらない、ほつれない商品を選びましょう。

その他骨盤ベルトやニッパーなど

骨盤やお腹のお肉、したっ腹のお肉を固く固定してくれるものは、何でもいいので一つは購入して産後を過ごすべきです。というか過ごさなければなりません。

あくまでも個人的な意見なので、産後ベルトやガードルを使わないと病気になるなどはありません。

妊娠前に体形に戻したい!体形はいつまでもシャープなままで!と強く思う方向けの意見です。

私のおすすめ

ニッパーなども使い方次第で有効なアイテムなので産後アイテムの一つとしておすすめです。

お腹のお肉が一番産後としては厄介な部分です。腹筋をしてもすぐにはお肉は取れません。

もちろん腹筋を鍛えると脂肪の燃焼が筋肉によって早くなるので長い目でみたら効果はあるので筋トレができる方は徐々に始めていきます。

骨盤ベルト、ニッパー、ガードルの3点は産後ケア用品の必需品です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です