;

何もしないと体重は戻らない!産後ダイエットの必要性

産後ダイエットの必要性について

何もしないと元には戻らない

赤ちゃんを生んだらそのうち体重も元通りになるだろうと思っていても、現実はそう甘くはないんです。

きちんと産後ダイエットしないと体重も体形も戻らずに、緩んだ体のままになってしまいます。

産後ダイエットは6ヶ月間が勝負

出産は大仕事で、出産前とは体が大きく変化しています。

その変化した体は少しずつ元に戻ろうとしていて、だいたい6ヶ月かけて元通りになっていきます。

産後6ヶ月がダイエットの勝負の時期でもあり、しっかり体重管理してあげないと体が戻らずに太ったままになってしまいます。

出産直後は体の回復を重要視して、徐々に負担なくできる運動などを取り入れていきましょう。

出産直後は体重は大して減らない

出産したら赤ちゃんの体重分と羊水などの分と合わせて、体重がガクンと減るイメージがありますよね。

しかし、実際にはそれほど体重は減ってくれず、2、3kg程度というケースが少なくありません。

期待したほど体重は落ちませんから、産後に体が落ち着いてからダイエットしてあげないと、体形が崩れてしまうんです。

産後ガードルで骨盤の引き締めを

出産後すぐにでも使いたいのが産後ガードルです。

開いた骨盤を引き締めてくれて、グラグラと不安定な骨盤を安定させてくれます。

骨盤は半年くらいかけてちょっとずつ締まっていきますから、この時期は骨盤が動きやすくてゆがみが出やすいんです。

それを防ぐためにも産後ガードルを早めにはいてあげて、骨盤の開きやゆがみを防いであげるとウエストやお腹、ヒップの引き締めに効果的です。

産後1ヶ月くらいしたら体を動かそう

出産してすぐはまだまだ体は本調子ではありませんから、ダイエットしたくてもグっと我慢して、体の調子を整えるのに専念しましょう。

体が落ち着いてきたらなるべく体を動かしてあげるようにして、運動不足にならないようにしましょう。

妊娠中は活動量も落ちていて筋肉なども弱っていますから、いきなりハードな運動は向きません。ストレッチ程度から始めてあげて、体に負荷がかかりすぎないように注意しましょう。

お通じを整えてあげよう

妊娠中はお腹が大きくなっていますから、便秘になりやすいです。

お通じのリズムが乱れてしまって出産後もそのまま便秘が続いてしまうと、お腹周りに脂肪が付きやすくなります。

腸内環境を整えてあげてお通じのリズムを取り戻してあげると、お腹周りもすっきりしてきます。

ヨーグルトや発酵食品などで乳酸菌をたっぷりと取ったり、食物繊維たっぷりの野菜や果物、海藻やきのこ類などを食べるようにしましょう。