;

産後ガードルや骨盤ベルトで骨盤ケアをする理由

産後ガードルや骨盤ベルトで骨盤ケアをする本当の理由

産後の骨盤ケアは今や常識となっていて、雑誌を見てもネットを見てもたくさんの情報があふれています。

できれば早いうちにした方が良いらしいよねというのが皆さんの意識だったかと思いますが、最近は産後すぐにすべき!とよくいわれることが増えてきました。

特に初産のママは「そうか、骨盤はすぐになんとかしないといけないんだ!」と情報を鵜呑みにして焦ってしまいますよね。

でも理由がよくわからずに周りの情報に流されていませんか?

骨盤ケアの必要性

そもそもなんで、産後は特に骨盤ケアすべき!と言われているのか。

まず、妊娠中にリラキシンというホルモンの影響で骨盤周りの筋肉や靭帯が緩みやすく、骨盤が歪みやすくなっているというのはご存知でしょうか。

このホルモンのおかげで普段はシッカリしている骨盤が緩み、あんなに大きな頭の赤ちゃんが出てくるわけです。まさに人体の神秘でちゃんと赤ちゃんが出てきやすいように体がホルモンという形でサポートしてくれるんですね。

しかしこのリラキシンの影響は産後は徐々になくなりますので、特殊なホルモンの影響という形では骨盤は歪んだままになってしまうことにも。。

産後の骨盤ケアのカギは筋力

産後ママのみなさんは、産後の骨盤のゆがみの原因が妊娠や出産という特殊な要因でずっと開いたまま、とか歪んでいると思っているかと思いますが、先ほどご説明したとおり、特殊な要因のリラキシンというホルモンの影響がずっと続くということはないんですね。

本当の骨盤の歪みの原因はなに?

根本的な原因はズバリ「骨盤周りの筋力の低下」です。

骨盤というのは周りの筋肉に支えられて定位置をキープしていますが、骨盤というのは文字どおり骨なのでこれだけでは支えることもできません。

周りにある筋肉や靭帯が支えるので、この支える筋肉や靭帯が緩んだりすることによって位置が変わったり歪んだりして、股関節の状態に変化がおこることを、外観から開くという言葉で表現している場合が多くあります

産後は、妊娠によって前傾姿勢に変わったり、妊娠後期にはお腹が重くて動くのがおっくうになることで運動不足ということが原因でこの筋力の低下が起こります。

あの重いお腹をずっと抱えて歩いたり動いたりするということは、姿勢も悪くなり普段使われている筋肉も維持できなくなります。

これらの妊娠出産特有の理由によって骨盤周りの筋力の低下が起こり、産後の骨盤は不安定となるんですね。

骨盤周りの筋力の低下自体は妊娠や出産のときに起こりやすいですが、この時期以外にも運動不足になったり姿勢が悪くなると起きることがあります。ただ産後の女性は、一度骨盤が大きく開いてしまっているので、できるだけ丁寧にこの筋力を元に戻していく必要があるんですね。

昔のようにがむしゃらに運動したら筋力が戻るというわけではないので、産後ガードルやベルトで支えながら丁寧に筋肉を元に戻していく必要があります。

一度ガッと歪んだ骨盤を持っている産後ママは、特に繊細ということは言えると思います。

おすすめの骨盤ケアアイテム

ということでやっぱり産後の骨盤周りのケアは必要です!

でも骨盤ベルトや産後ガードルで筋力アップに効果があるのはどれ?と悩んだら私のおすすめ商品はこの2つ。

おすすめの骨盤ベルトは、筋力をアップすることを目的に作られているスリムロイナー3分間エクササイズという独自の方法で骨盤周りの筋肉を鍛えます。

また、産後ガードルで筋力アップを目指すならエンジェリーベの骨盤ケア・トレーニングガードルがおすすめです。

頑張り過ぎないのも秘訣の一つ

経験者としてはそんなに頑張りすぎなくてもいいよ!ということも付け加えておきたいと思います。

ただでさえ産後は初めてのこともたくさんありますので、あまり考え過ぎないで。

焦って間違った方法を選択してしまうより、じっくり自分の目で確かめて、なにが一番良いか、自分に向いているかを考えて選択してください。

それでも迷ったなら、おすすめしている骨盤ベルトや産後ガードルを使ってみてください。

骨盤を支えながら丁寧に筋力を戻していくことが大切です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です