;

産後ガードルでお腹の引き締めと骨盤の矯正

妊娠で大きくなったお腹と開いた骨盤は、出産後にすぐには元には戻りません。産後にたるんだお腹と骨盤は、産後ガードルを履くことで、骨盤を矯正してお腹を引き締め、体形を整えてあげることが必要です。

産後ガードルでお腹の引き締めと骨盤の矯正

いつから産後ガードルを着用するかには個人差がありますが、悪露が無くなり、体力が回復してきた産後2ヶ月ごろからが一般的です。着用するガードルによっても開始時期は変わってきますので商品の説明書もしっかり読んでから使用してください。

産後ガードルの使用期間

使用期間は、人によって違ってきます。妊娠前の体形に戻れば使用を終えても良いのですが、ボディラインを整える体形補正としてずっと使用できるものもあります。産後ガードルを選ぶときには、使用する目的や効果を理解して自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

産後ガードルを選ぶ際のポイント

一番のポイントは、サイズと素材です。

自分の体形に合ったサイズの物をきちんと選ぶことが大切です。締め付けずに体にぴったりフィットして、骨盤をしっかりと支えてくれるものがおすすめです。体を締め付け過ぎるものを無理して着用すると、血の巡りが悪くなります。血行不良で代謝が鈍くなると、産後の体重の戻りも悪くなってしまいますので気を付けてください。

素材は、肌に優しくて吸水性、速乾性に優れたものが良いです。ガードルはぴったりと肌に密着したものなので、蒸れてしまうと痒みやかぶれなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

また、産後ガードルにはお腹周りを温める機能があるものもあります。お腹周りが温まると内臓機能が正常に働いて血行も良くなります。また。新陳代謝を活発にすることでシェイプアップ効果も期待できるでしょう。

産後ガードルを使う時間帯

夜に寝るときに産後ガードルを着けたままの方がいいかどうかは、使用する産後ガードルによって違います。

産後ガードルによっては、立った時の姿勢に合わせて作られているものもあり、寝ている時には効果が期待できないものもあります。一方、寝ている時にも使用していた方が引き締め効果が高くなると説明書に表記されているものもあります。商品によって違いますので、購入した産後ガードルの説明書の支持に従って利用して下さい。

口コミ情報をチェックして試着できるものを

産後ガードルは、多くのメーカーやタイプがありますので、ネットの 口コミでの評価や人気商品の紹介サイトなどで、自分の目的や用途に合ったものを探してみてください。

ネットで気に入ったものを見つけた場合でも、実際に試着する方が自分にぴったりのサイズの商品を選ぶことができるので、一度は試着をしに店舗へ出向くか、ネットショップでも試着可能なお店で購入することをおすすめします。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です