乳製品は摂っても良いの?


カルシウムやタンパク質の豊富な食品の一つに乳製品があります。
ただ授乳中のママの中には、母乳の出が良すぎる、乳腺炎になりやすい等の理由から、乳製品の摂取を控えるように指導される方もいるでしょう。
しかし、基本的には栄養に優れていますし、母乳の出が悪いママは適量を摂取する方が良い場合もあります。

豆乳なら授乳中でも安心


乳製品でも牛乳やバターといった動物性のものは脂肪分が高く、カロリーも高いです。
しかしここ数年人気の豆乳にすれば、脂肪分が低く、大豆成分であるイソフラボンが母乳の出を良くし、質の良い母乳を作ってくれます。またビタミンEが含まれているので、血流の流れを良くし、乳腺炎を防ぐ効果も期待出来ます。
ただしこちらも飲み過ぎると母乳の分泌量が増えますので、人によっては量に気をつける必要があります。一日に200〜300mlまでにしましょう。

豆乳を使ったおやつ

栄養価も高く、産後のママが乳製品として摂取しやすい豆乳。今回は豆乳を使った簡単で美味しく、カロリーも控えめなプリンの作り方をご紹介します。
豆乳の他に今回は、ミネラルが豊富で消化吸収の早い素焚糖を使用してみました。
お子さんと一緒に食べるおやつにしても良いですし、砂糖を抜いて離乳食にしても良いですね。
*豆乳プリン
<材料>
豆乳    300ml
素焚糖  大さじ1
粉ゼラチン 5g
お湯    25ml

    1. 粉ゼラチンをお湯でふやかしておく。

  1. 鍋に豆乳、素焚糖をいれて沸騰しないように温める。
  2. 2を火から下し、ふやかしておいたゼラチンを入れてしっかり溶かしよく混ぜる。
  3. を器に注ぎ入れて冷まし、冷蔵庫で2時間以上冷やす。
  4. お好みでフルーツをトッピングしたり、少量のあずきやきな粉を振りかけても美味しい。

◎豆乳は沸騰するとタンパク質が凝固し、分離してしまうので気をつけましょう。
◎砂糖の量はお好みで増減してください。

くれぐれも産後の乳製品の摂取量は、自分の体の状況で判断してくださいね。