;

時短で作るダイエットごはん

産後ダイエットで食べないはNG

赤ちゃんが生まれたら、思っていたよりもお世話が大変!、出産前のようにゆっくり自分や家族のご飯の支度が出来ない、なんて悩みは産後のママなら誰もが持っているはず。
でも赤ちゃんのお世話を抜く事は不可能。
まして母乳をあげているママが産後のダイエットの為に食べない、何かだけを食べ続ける、極端に食事を控えるなどという事は、母乳、しいては赤ちゃんの発育に悪影響が出てしまいます。
「油を控える」「肉を控える」「カロリーの低い食材だけを食べる」など、ダイエットをするだけなら色々な方法があります。でも産後ママにとって理想のダイエットとは何でしょうか?

産後ママが食べなくてはいけないもの

産後ダイエットは食べないダイエットではなく、食べるダイエットです。では何を食べたら良いのか考えてみると、「たんぱく質」と「野菜」が挙げられます

たんぱく質は摂取することで筋肉を増やして代謝をアップさせますし、野菜はカロリーが低く、体や母乳を作る為のビタミン等を含み、ホルモンのバランスを整えたりもしてくれます。ですから毎食バランスよく取り入れたいのですが、産後は料理する時間も満足にないのに一体どうしたらいいの?と、このママ共通の時間が足りないという悩み。
そこで時短料理に大活躍なのが、殆どのお家にはあるであろう炊飯器の登場です。

炊飯器を使って簡単料理


炊飯器はご飯や離乳食のおかゆを作ったりに使っているままも多いかと思いますが、なんとおかずを作るのにも大活躍なんです。炊飯器の便利な所は、火加減や加熱時間を気にしなくて良い所。タイマーをセットしておけば、希望の時間に出来上がってくれます。赤ちゃんのお世話でうっかり焦がしてしまった!なんて心配も無用です。またフライパン料理のように油を加える事もないのでカロリーも抑えられるし、じっくり火を通して素材のうまみを引き出してくれます。
離乳食にも使える茹で野菜だったら、研いだお米と一緒にアルミホイルに包んだお野菜、人参やブロッコリー、ジャガイモなどを入れて炊けば、簡単に出来上がります。
また直接炊飯器に、野菜やお肉等を出汁やお水と一緒に入れてスイッチをいれれば、簡単なポトフが出来上がります。
アレンジ次第でカレーやシチュー等もできますよ!
産後のダイエットは食べないダイエットではなく、必要な物はきちんと食べるダイエットを心がけましょう。
そしてきちんと食べたら無理の無い範囲で体を動かし筋肉を落とさないようにして代謝アップを計り、あとは産後ガードル等で補正をしながら体型を戻していくといいですね