何を食べたら良いの?

みなさんは産後の食事、どこに気をつけていますか?またどのような食事をしていますか?
毎日の食事の内容を少し気にするだけで、産後の身体が変わると言われています。では何を食べたら良いのかについて、今回はお話ししますね。

産後に摂りたい栄養

ご紹介するのは食材選びのコツです。
以下の食材を上手に取り入れた食事をする事によって、母体の回復、母乳の出、産後のダイエットにと繋がります。

  1. 身体作りの源、酵素が摂れる生の食材
    生の食材は酵素が摂れるだけでなく、血糖値もゆっくり上昇するため、太りにくい食材と言われています。
  2. 海藻類、キノコ類、こんにゃくなど低カロリー食材
    これら低カロリー食材を使えば、思いっきり食べても大丈夫。
  3. 肉や魚の赤身
    栄養素として大切なタンパク質の摂取として欠かせないのが肉や魚。
    脂質の多い部分は避けて、良質な赤身の部分を選ぶのが好ましいですね。
  4. 食物繊維の摂取
    豆類や海藻類、根菜類、キノコ類は低カロリーなだけでなく、食物繊維が豊富な食材です。便意を促したり食欲を抑える効果のある食物繊維は産後ダイエットに沢山摂取してもらいたい食材です。

炭水化物も適度に食べよう

最近炭水化物ダイエットの流行もあり、炭水化物を摂らない方が良いと考えている人も増えています。でも極端に抜いてしまうと他の食べ物からの吸収率が上がってしまい、ダイエットには逆効果な上に母乳が減る原因にもなります。控えめにする程度にしましょう

高タンパクの食材は積極的に

肉や魚はもちろんですが、卵、乳製品、大豆製品にもタンパク質は豊富に含まれています。妊娠中に衰えた筋力を取り戻すためにも、高タンパク質な食材の摂取は大切です。

塩分、糖分、油分に気をつけよう

おやつにどうしても食べたくなる甘いものやスナック菓子。
全く食べないのはかえってストレスにもなり、難しいと思いますが、食べる量や含まれている塩分や糖分等の分量に気をつけましょう。美味しく食べながらしっかり栄養も摂取し、そしてダイエットに繋がれば嬉しいですよね。
今回ご紹介したような事に気をつけながら、毎回の食事を楽しみましょう。