;

産後の女性がかかりやすい子宮脱とは

『子宮脱(骨盤臓器脱)』という言葉を聞いたことがありますか?

『産後の女性がかかりやすい子宮脱(骨盤臓器脱)とは』

子宮や膣が下がってしまい、体外に出てきてしまうという症状で、産後、子宮脱(骨盤臓器脱)になる方が最近増えています。

子宮脱(骨盤臓器脱)の概要

女性の骨盤底には、子宮と腟を真ん中にして、前側に膀胱と尿道が、後側に直腸と肛門が並んでいます。この全体を骨盤底筋という筋肉の集まりが包んで支えています。

この骨盤底筋が衰えたり緩んだりすると、子宮や腟が下がってしまい性器脱になるのです。通常は、産後にこのような症状が出ても、からだが回復するにつれて骨盤底の筋力も回復して、下垂・脱は軽快します。

子宮脱になると、性器出血しやすくなったり、感染を起こしやすくなったり、尿や便が出にくくなったりあるいは尿漏れになったりします。

※「子宮脱」という言葉が浸透していますが、正しくは「骨盤臓器脱」といい様々な症状を含み、その多くは「膀胱溜」という症状です。

※骨盤臓器脱:日本医科大学付属病院

子宮脱(骨盤臓器脱)を引き起こす主な要因

子宮脱(骨盤臓器脱)を引き起こす主な要因としては、1.加齢、2.出産、3.筋力低下、4.ウエストニッパーやガードルなどによる恒常的な過度の締め付けとされ、複数の要因が重なり発症する場合が多いとされています。

 

子宮脱(骨盤臓器脱)を防ぐには骨盤底筋を鍛えるのが一番

骨盤底筋を鍛える運動のやり方

骨盤底筋を鍛える運動

1.仰向けに寝て、足を肩幅に開きます。両膝を立てて、リラックスします。

2.その姿勢のまま12〜14秒間、膣をキュッと締める感じで、骨盤底を締めます。
(きつい方は5秒くらいから始めてください)
この時、おなか・足・腰などに力が入らないように意識しましょう。

3.その後の46〜48秒間は、からだをリラックスさせます。

4.「締める」「力を抜く」の、1分間のサイクルを10回(10分間)繰り返し行ってください。

 

子宮脱(骨盤臓器脱)にならないために

子宮脱(骨盤臓器脱)にならないように、産後の筋肉が緩んでいる状態で、身体を過度に引き締めることは避けた方が良いです。

そのための産後ガードルを選ぶか、ハードタイプのガードルを使う場合は、常に身体にフィットしたものを使い、締め過ぎに注意してください。

また、スリムロイナー、トコちゃんベルトなど、骨盤を整えてくれる骨盤ベルトを併用すると、効果的にインナーマッスルを鍛えることができますので、骨盤体操などとともにおすすめです。


おすすめ≫骨盤ケア・骨盤矯正

おすすめ≫産後ガードル・口コミ

おすすめ≫産後ガードル・ランキング

おすすめ≫産後ガードル・体験レビュー

おすすめ≫産後に気をつけたい病気

ヨガのポーズで太ももを引き締めよう!

産後プロポーションが崩れた原因は?

骨盤ベルトの口コミ&ランキング

産後におすすめ簡単ヨガ・ピラティス・ストレッチ

産後ガードルの口コミ評価一覧