;

産後太りを回避するために

産後忙しいママさんたちが産後太りを回避するために

妊娠出産をしたあとは、こんどは毎日家事と育児に追われて、授乳やおむつ替えで眠る暇もありませんよね。

赤ちゃんの事ばかり気にかけていると自分のことは後回しになっていませんか?

気が付いたら、ストレスでバクバク食べてしまって、よくある産後太りになってしまってはいませんか?

そんなママさんのために、頭の隅に置いといて欲しい、産後太りを回避の方法をいくつかご紹介しますね。

産後太り回避で気をつけたいこと

ストレス食いに注意

家事や育児の忙しさからくるストレスで甘いものなどをバクバク食べてしまう。

また、赤ちゃんのお世話に、いつもの家事に、やることが増えすぎてしまってママのストレスが爆発!そのストレスを解消するために甘いものやジャンクフードなどをバクバク食べてしまうママが多いのです。

また、食事を作る時間も取れないのでついつい外食や市販のお惣菜、パンやパスタなど手軽に取れる炭水化物系に走ってしまう傾向にあります。すると一気に体重が増え産後太りに。

食事制限もストレスの原因になるので、適度に食べることも考えましょう。

ダイエットにもいいおやつなどがありますので、小分けにして冷凍保存するなどしておくと良いです。

≫産後ダイエット中に食べるおやつ

≫ダイエット中でも食べられるスイーツ!

※下記にも記事紹介しますね。

母乳で痩せるとは限らない

母乳の場合、確かにそれだけでカロリーが消費されると言いますが、案外そのことに油断して太ってしまう母乳ママが多いのです。

母乳育児だからと油断しないようにしてください。授乳の目安として、1日に600キロカロリーくらい消費します。これは参考までに。

また、カロリーばかりに気を取られてしまうのも原因かも知れません。

カロリーよりも、母乳に必要な栄養や水分を確保しつつ、糖質を抑えることの方がダイエットには有効です。

用意しておくと良い千切りキャベツ

常に千切りキャベツを用意しておくといいですよ。

ご飯やおやつを食べる前にまずは千切りキャベツを食べます。満腹感とともに食物繊維のおかげで体脂肪をつきにくくする働きもありますし、ビタミンも取れます。そしてできればご飯はパスタやパンではなく、和食中心にしましょう。

主食もパンよりご飯の方がゆっくりと消化するので腹持ちがいいですからお腹がすきにくくなります。朝ごはんに多めに炊いてしまい、おにぎりを作っておくといいですね。小腹がすいた時におにぎりを食べるといいですよ。

食事の前に千切りキャベツを食べるご飯はゆっくり食べる、これだけでも血糖値の急上昇を抑えてくれるので、太り難い食事療法と言えます。

運動系でお勧めなのはバランスボール

赤ちゃんってなかなか眠ってくれない時ありますよね、ぐずりますよね。するとイライラしますよね。そんなときの最強アイテムが、バランスボールです。

バランスボールを利用して体幹をトレーニングすると、見えないところについた筋肉が代謝を上げて脂肪燃焼を助けてくれます。

赤ちゃんを抱っこして、ただバランスボールに乗るだけでもいいですよ。そしてユラユラしているうちに赤ちゃんはぐっすり、ママも腹筋も使うのでダイエットに効果的ですし、姿勢も良くなります。

姿勢が悪いとお腹や背中に贅肉が付きやすいですからバランスボールで解消しましょう。

※バランスボールに座るときはバランスを取らないとなりません。特に赤ちゃんを抱いている時は気を引き締めて座ってください。

産後ガードルをフル活用

ただでさえ忙しい産後は、少しでも余計な気を使うことは減らしたいものです。ストレスを減らすことにもなりますし。

何でもかんでも自力で解決するより、頼れるところは頼ってしまいましょう。

そんな時おすすめなのが産後ガードルです。

産後ガードルはホントにいろいろあるので、ここで詳しくは書くよりおすすめの記事を紹介しますね。

産後太り回避は早い対策と継続性

産後太り対策は早ければ早いほどいいですし、なにより継続することで効果が出ます。

太りすぎないうちに是非試してみてください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です