;

出産前に知っておきたい産後の体形のこと

出産前に知っておきたい産後の体形のこと

これから出産を控えている方、なおかつ産後の体形がどうしても気になっている方にぜひとも参考にしていただきたいことがあります!

妊娠を機に体重も増え、体形も変わってしまって、いったい産前の身体に戻るのか、大丈夫かなんて心配になっていますよね。そんな美意識が高い方へのアドバイスです。

産後の体形を産前以上に戻すアイテム、生活習慣がありますのでご紹介します。

どうなってる人が一番多いの?

世の中の女性で出産経験者の体形は一体どうなってしまうことが多いのでしょうか。

それはいくつかのパターンに絞られます。

1:出産後に元の体形くらいに戻る方

2:出産後により太ってしまう方(産後太りというものです)

3:出産前よりも美しく痩せ、健康的な身体になる方

妊娠によって習慣化されてしまった食生活やあまり動かない生活を出産後の続けていると明らかな産後太りになってしまいます。

誰しもが上記の3になりたいですよね。

それにはやはり努力が必要です。授乳ダイエットなんていう言葉もありますがあくまでも赤ちゃんへの栄養であって母体の痩身という意味ではNGです。

産前に戻す有効手段は?!

では産前の体形、もしくはそれ以上の美しいラインの体形を手に入れる手段はあるのでしょうか?食事制限?運動?口コミから探っていきましょう。

口コミから

1;産後ガードル、ベルトを使う

2;食事を少なくする、糖質や炭水化物を控えめにする

3;定期的に運動をする、積極的に身体を動かす

上記の3つが挙げられました。

特に1の産後ガードルについて

骨盤の引き締め、お腹の贅肉の引き締め、お尻のアップ、ウエストのくびれをつくるなどいろいろな効果があるようです。

ガードルの種類もさまざまでもちろん値段もさまざまです。

出産によって変わったお腹周り、とくに下っ腹周辺をがっちりガードして引き締めるのです。そうすることで身体が“引き締め”を覚えていくのです。

産後ガードルの口コミは多々あり痩身できたとか体重は変わらないものの、引き締め効果があるというものがほとんどでした。

次に2の食事管理について

妊娠中は赤ちゃんへの栄養のこともあってそれまでダイエット食など食べていた方もきちんと食事をとっていたでしょう。しかし産後の体形を気にするのであれば、だんだんと食べ過ぎ、カロリーの摂りすぎには十分に気を付けましょう。

特に授乳をしている方は、お腹がすいたりするでしょう。授乳中だからいっかといって怠けないようにしましょう!

また3の適度な運動について

ダイエットや痩身にいいだけでなく、赤ちゃんとのお散歩の兼ねるといいですね。妊娠中は運動などできなかった分、運動不足になっていますので少しずつ身体を動かすようにしましょう。家事をやりながら筋肉を意識することも大切です。

 

産後の体形補正について

1,2、3と述べてきましたが、すべて健康にいいことです。

産後ガードルで引き締め、食事や運動で代謝をアップさせるそして結果的に痩身につながるということです。食事制限だけをすると体重だけが減って脂肪が残ります。引き締めなければぶよぶよという体形になってしまいます。タンパク質を摂りつつ筋肉をつけ引き締めボディを目指しましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です