;

産後のぽっこりお腹の解消法

産後のぽっこりお腹解消法

産後のぽっこりお腹に悩んでいるママさんって意外に多いのではないでしょうか?

 

諦めていませんか?諦めるにはまだ早いですよ。

産後ガードルという素晴らしいアイテムを上手に使ってシェイプアップ、そのぽっこりお腹を解消しましょう。

ではどのようにぽっこりお腹を解消すればよいのでしょうか。

ひとつずつ見ていきましょう。

産後ガードルを着用

私のおすすめ

私が一番おすすめしたいのが、産後ガードルの着用です。

これはただのガードルではなく“産後”という言葉がついている通り、

産後についてしまったお腹のお肉やお尻のお肉、主に下半身のお肉をシェイプする機能に優れているガードルということです。

またガードルときくと締め付け感があって不快とか締め付けが強くて気分が悪くなってしまったなんていうこともあるでしょう。がしかし産後ガードルの場合は購入の仕方もいろいろあって、締め付け具合が苦手な方にもおすすめなんです。

きっちりと締め付けたい方、緩やかに締め付けたい方なんていう選び方もあるのです。

またインナーのサポーターが優れていたり強い締め付けによってシェイプアップをしたつもりになることも多いですが中には保温性にすぐれており下半身をあたためて代謝をアップ、そしてまずは痩せやすい身体をつくるということをやってくれる産後ガードルもあるのです。

いろいろある産後ガードル

いろいろな産後ガードルをネットでみましたがまずははくそしてさらにその上からベルトのような補助ベルトのようなものもついていて1枚はくだけで二重にシェイプという感じの産後ガードルも多くあります。

私が愛用する産後ガードル

ただし1点だけ気になるのが厚みです。ほとんどの産後ガードルがパンツの下にはなかなかはけないなという第一印象です。

前述した通りお腹の部分など締め付けのベルトがついていたり2重になっているためかさばります。

恐らく入らないので、試していませんがスリムのデニムを産後ガードルの上からはこうもんならウエストのホックがはまらないという事態になるのではないでしょうか(私に限ったことかもしれませんが、、、)

またかなりスリムなパンツであればお尻の部分で止まってしまうことも安易に想定されますね。

産後ガードル選びのコツ

長さにおいても膝上までサポートしている産後ガードルが多いので膝丈のスカートではガードルが丸見えになってしまいます。

物によってはショート丈のガードルもあるので、復職などされている方、オフィス仕様の服装の方にはショート丈をおすすめします。

もっぱら産後、家にいるときはゆったりとした服装ですので産後ガードルをきちんと着用できますよね。

私の退院は真冬でしたので家に帰ってからはスエットの生活でした。

そのため毎日産後ガードルをはいていましたね。そのおかげもあって出産直後のお腹に比べると随分とへこみました!

私の産後ガードル体験

産後直後は自分でも驚くほどぽっこりお腹でした。これから出産を迎える方、産後はしぼんでしまった風船のようにお腹は“あまったお肉”になります。

ある芸能人のブログでもモデルさんのブログでも産後のお腹はそのようでした。

みんなそうなんだ、と安心する一方でがんばらないとここで差がつくんだと実感しました。

産後3カ月が勝負と言われていますが、半年は少なくとも私は産後ガードルの力を借りていきたいと思います。

ちなみに私が使っている産後ガードルはこちら↓↓↓

トピナガードル公式

洗濯のしすぎで毛玉がたくさんついてしまっていますが使用上何ら問題なしなので愛用しています。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です