;

誰にも聞けない妊娠、出産の悩み

周りも友達が妊娠していたり、すでに出産をしていたりすると気軽に相談できますが、なかなかそうタイミングが良いということはありません。

妊活をしていたり不妊治療をしている子が周りにいると妊娠したということすら言えなかったり、相談もできない状況というのがあると思います。

そんな方にぜひとも参考にしていただければうれしいです!

誰にも聞けない妊娠、出産の悩み

私は35歳、出産後2か月になろうとしているOL 😀 です。

職場復帰も手続きを終え、区役所関係の子供の手続きを終え、現在子供とゆったりとした毎日を過ごしています。

マタニティライフから出産までを初めて経験してわかったことなどなド書いていきたいと思います。

赤ちゃんのこと

生命の神秘 🙂 を感じました。

マタニティ時期は、自分の身体に心臓が二つあるということがなかなか受け入れられずとても不思議でした。

お腹の中に人間がいる!と思うとわくわくして楽しいなと感じる毎日だったことを覚えています。妊娠●週で平均すると赤ちゃんの大きさは、●●とか、胎動を感じるのは●●週とか、ネットにはいろいろな情報がのっています。

あくまでもそれはひとぞれぞれまたは統計的にということなので気にするのはやめましょう!

どうしても心配なことがあれば検診のときに先生に相談するのが一番です!

実際に私は35歳という年齢での初産で不安で仕方ありませんでした。

というのも今まで不規則な生活もしてきたし、栄養があるものをたくさん食べてきたわけでもなく、ダイエットをしたり飲酒、喫煙などなど。。。

度々先生に、

・赤ちゃんはちゃんと元気なのか

・手足は大丈夫か

・呼吸はしているか

・ダウン症や障害の可能性はあるのか

などきいていました。

何があっても受け止めなければと思ってはいましたがやはり不安なものは不安です。

気になることは聞いて!

気になることはむやむやとネットを見て自己解決したり、より不安になったりすることは一切ありません。堂々とマタニティライフを楽しみましょう。

質問は病院の先生にしましょう!聞いても答えてくれない、適当に返答をするような先生であれば、病院を変えることだっていいのです。

 

自分のこと

はじめはお腹もでていないし、自分が妊婦であるという自覚もあまりありません。

それよりも妊娠したという事実がなかなか受け止められなかったことを覚えています。

が、日数が経つにつれて、胸が張ってきたり、下半身に肉がついたり食欲がわいてきたりと身体がだんだんと変わっていきます。

それは妊婦さんの証拠です。

また見た目もなんだか変わってきたと私は言われました。

すっかりお母さんのオーラがでていると。自分ではよくわかりませんでしたが周りの友達はそういっていました。

服もだんだんとゆったりしたものでないと入らなくなります。

下着などもマタニティ用がおすすめです。

今までの下着、洋服、アウターは出産後に着る楽しみにしておきましょう。

それまではとにかくマタニティをあらゆる面で楽しむことです。

 

何かわからないけど漠然とした不安

妊娠中はホルモンバランスが不安定になります。それまであった生理がこなくなり、お腹もふっくらしてきて妊娠というホルモンバランスが原因で毛深くなったり太りやすくなったりします。が赤ちゃんのことだけを考えて生活しましょう。

ダイエットはいつでもできます!

私だけ?とかこれでいいの?これはダメなの?といういろいろな情報のせいで不安になったり、極端に気分が沈んだりすることもあります。

そんなときは自分の中でためこまずに外に発散しましょう。

何でも聞いてくれる友達がいればお話するのもいいでしょう。

映画をみたり、無理のない程度でショッピングにいくのもいいでしょう。不安なのはみんな同じですので安心してくださいね!

そして元気な赤ちゃんを産むことだけを考えて楽しみを持ちましょう!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です