;

妊娠~おすすめなこと&避けた方がいいこと

妊娠したらおすすめなこと&妊娠したら避けた方がいいこと

妊娠をして気づくこと、感じること、身体の変化が沢山あります。

身体の変化もそうですが、避けた方がいいことも出てきます。

妊娠したら気を付けること

避けた方が良いもの

妊娠がわかって1,2ヶ月程はお腹もあまり出ることなく、悪阻の症状が出る人が多いです。

私も、そこまで悪阻が酷い方ではありませんでしたが、朝、起きた時に少し気分が悪くなったり、なんだかフルーツなどの柑橘系の食べ物ばかり食べたくなったりしました。

そして、妊娠してみて色々調べると、妊娠初期はコーヒーなどのカフェインをあまり食べない方が良いとか、マグロなどの生物、水銀を含む可能性のあるものを控えた方がよいなど、沢山知りました。

摂った方が良いもの

妊娠中や産後の授乳中の人には「葉酸」を摂取するのが良いと知りました。

しかし、葉酸はほうれん草やレバーなどに多く含まれていますが加熱に弱く、調理するとほとんど無くなってしまうことが多いとも知りました。

葉酸は「葉酸サプリ」というサプリで摂取するのが一番身体への吸収が見込めるとのことなので、葉酸サプリを就寝前にぬるま湯と一緒に毎日飲むようにしました。

妊娠による身体の変化

体重管理

妊娠が3~5ヶ月程になると悪阻もほとんどなくなります。そして、悪阻もなくなるにつれて、食欲も増し体重が増えたり、お腹も徐々に出てきます。

病院の先生に体重が増え過ぎと注意をされたり、またお腹が出てくるとともに身体が反り気味になり腰が痛くなったりもします。

体重を調節するために、散歩などのウォーキングなどするようにしたりしました。

妊娠線

またお腹には妊娠線なども出来るようなので、妊娠線予防クリームなども塗るようにしました。

妊娠線予防クリームはただ妊娠線を予防するというだけの意味だけじゃなく、妊娠線予防クリームを塗っていて感じたのは、塗っている時に赤ちゃんに話かけたり、お腹が大きくなっていることに感じることができて、赤ちゃんとのコミュニケーションの大切な時間になるということ。

腰痛と骨盤ケア

妊娠中には腰痛に悩ませられることが多いです。

私が腰サポートベルトでオススメしたいのが、「トコちゃんベルト」です。

これは他のサポートベルトより少しだけ値段は高めですが、妊娠中も産後も骨盤をしっかりとサポートしてくれます。

付け外しも、左右からのしっかりとサポートベルトがお臍の下の前で出来ます。

簡単で軽いので外出先にも付けていき、また外出先での付け外しも簡単に行えます。

ベルトはシンプルですが、正面に可愛い小さいリボンが付いていてとても可愛いです。

Tags:

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です