;

妊婦帯について

妊娠5ヶ月頃になるとだんだんとお腹が出てきます。

妊婦帯って知ってます?

妊婦帯の役割

お腹を支えて保護する目的で使用する腹帯のことを妊婦帯と言います。

妊娠中期頃に入るとだんだんとお腹が大きくなり、お腹の皮膚が薄くなるためお腹が冷えやすくなると言われています。

妊婦帯をすることでお腹の冷えを防ぐ効果があります。妊娠中に冷えは禁物なので妊婦帯をして冷え対策をしましょう。

また、お腹が大きくなると腰にも負担がかかります。妊娠中はホルモンの働きによって骨盤がゆるみます。骨盤がゆるみずれが生じることで、腰痛が起こることがあります。妊婦帯でお腹を支えることで、腰痛を軽減させる効果もあります。

 

妊婦帯の種類

妊婦帯は昔からあるさらしタイプのもの、ベルトタイプのもの、パンツと一体型になっているものなど色々あります。さらしタイプのものは慣れないと自分で巻くのは大変ですが、体調に合わせて自分で締め付けを調整できるのが良いところです。

サイズもないので大きいお腹でも巻くことができます。洗濯もしやすく、乾きも早いです。ベルトタイプのものは着脱がとても簡単です。

また、下からしっかりとお腹を支えてくれるので安心感もあります。自分で締め方を調整できるので体調によって締め方を変えられます。出産後は骨盤矯正ベルトとして使用できるものもあります。

パンツと一体型はただ履くだけでOKなので難しいことはなにもありません。締め付け感もそんなにないので楽です。産休まで仕事を続ける妊婦さんは、腹帯を巻きなおしたり、ベルトを締めたり外したりがなかなかできないので、パンツと一体型が良いと思います。

その他にも各メーカー色々な腹帯が出ているので、妊娠中期~後期にかけて自分の用途に合わせて数種類使い分けても良いと思います。

ちょっとした注意

妊婦帯をつける時に注意したいことは、締め付けすぎないことです。

血流が悪くなることで、母子ともに危険な状態になることもあります。

おへそより上は締め付けないようにしましょう。締めると言うよりは支えるというイメージで使用しましょう。

また、妊婦帯はずっとつけていないといけないような気がしますが、寝る時などリラックスしたい時に締め付けが気になるようなら外してもかまいません。

臨月近くまでお腹が大きくなると寝る時も妊婦帯をしていたほうが、お腹や腰を支えてくれるので寝やすい場合もあります。

寝る時に使用する腹帯は自分で調節可能なものを選んで体調によって締め付けを調整してみると良いかもしれません。

 

自分にあった妊婦帯を見つけて妊娠生活を快適に過ごせると良いですね。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です