;

妊婦の骨盤の悩みにおすすめの商品

「お尻が痛い」「骨盤が痛い」このような悩みをもった妊婦さんが多いのではないでしょうか。私もその中の1人です。

妊婦の骨盤の悩みにおすすめの商品

腰の痛み

妊娠初期の頃から腰が少し痛いな…と思うことは度々ありましたが、その時は特に気になる程ではありませんでした。

ですが妊娠5か月頃のこと。

妊娠中期からお尻の痛みが頻発するようになったのです。

ピキッと攣るような、つい「いたたっ…」と発してしまうような痛みです。

我慢しながら生活していましたが、日に日にその痛みが増してきました。

私の場合は寝転がっている状態から起き上がる時、お尻の痛い側に重心がかかった時、歩いている時、中腰になる時に特に激痛でした。

歩いている時は周りから見ても「足痛い?」と聞かれるほど歩き方がおかしかったみたいです。

私自身一番辛かったのは、起き上がる時です。お尻が痛すぎてスッと起き上がることが出来ないんです。

「いたたっ…」と言いながら、腕に力を入れ少しずつゆっくり起き上がるので精一杯でした。

妊娠中の坐骨神経痛

日常生活に不便を感じる様になってきた為、インターネットで原因を検索する毎日で、調べて分かったことは、このお尻の痛みは妊娠中に起きる「坐骨神経痛」でした。

妊娠中は骨盤が広がるため不安定になったり、赤ちゃんの成長によりお腹が重たくなるため姿勢が悪くなり、坐骨神経痛になりやすいそうです。

だからこそ初期の頃より中期になってからの方が痛みが増したのだと分かりました。

誰しもなり得るこの坐骨神経痛の痛みをなくす方法を知りたいですよね?

妊娠中の腰の痛みを取る方法

その方法とは、負荷が掛かって歪みを生じてるかもしれない骨盤をサポートするために「骨盤ガードル」「骨盤ベルト」の装着をすることでした。

半信半疑でしたが、とにかく痛かったので、藁にも縋る思いで私も骨盤ベルトを購入してみました。

太ももと骨盤の間にベルトを装着するのですが、骨盤がキュッと締め付けられて凄く安定感があり、お尻の痛みも驚くほど軽減します。

起き上がる時の痛みはもちろん、歩いている時にも重心がかかった時も、ベルトをする前とでは全然違います。

今では骨盤ベルトがない生活は考えられません。

妊娠中におすすめの骨盤ベルト

特におすすめなのが「産前・産後も使用可能」と記載のある商品です。

産前・産後も使用出来るベルトを購入すればベルト1つで長く使うことが出来ますし、産後の体形補正にも活用出来ます。

インターネットや通販サイトの口コミを調べて、特に気になった商品を購入してみることをおすすめします。

下の骨盤ベルトページも参考にしてみてください。

ぜひ同じ悩みを持っている方には骨盤ベルトの購入を検討して頂きたいと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です