;

産後のぽっちゃりお腹はどうしたらいいの?!

産後のぽっちゃりお腹はどうしたらいいの?!

産後の悩み、、育児のこと、お金のこと、自分のこと、仕事のこと。ママの悩みは尽きませんよね。

そこで今回は産後のママの体形のこと!ぽっちゃりしてしまったお腹とどう向き合えばいいのか!!

どうやったらぽっちゃりお腹が凹んでくれるのか!どうしてぽっちゃりお腹になってしまうかという理由を解明した上でアドバイスしたいと思います。

産後のポッチャリお腹対策

産後のぽっちゃりお腹の原因は

妊娠してお腹が膨らみます。出産して胎児の分凹みます。

と思いきや、、

産後は見た目は赤ちゃんが誕生した分体積的には減っていますが、見た目の引き締まりという面でみるとぽっちゃり。。

そんなママは多いのではないでしょうか。

産後の悩み、下半身太り、特にぽっちゃりしたお腹の後始末はどうしたらよいのか、という方も多いでしょう。

その原因はズバリ 筋肉不足 です。

早い話、脂肪(ぜい肉)をささえる筋肉がないため、ぽっちゃりお腹になってしまうわけです。

筋肉を増やそう!

まずは脂肪を減らして筋肉を増やすということに注力してみることにします。

プロテイン?腹筋?と思われる方も多いかもしれませんが、そうではありません。

シェイプアップする

産後ガードルや産後ベルトを使ってお肉をきゅっと引き締める

重力に逆らえないお肉を引き締めて日々の生活をするとかなりきゅっとした状態になります。

ストレスにならない程度の締め付けがおすすめです。

ガードルのタイプによっても締め付け度合いが異なります。

おすすめの産後ガードルはこちら。また産後ガードル選びも重要になってきますので口コミなどご参考に!

≫おすすめ産後ガードルの口コミ情報

≫それぞれのおすすめ産後ガードル情報

運動して筋肉をつける

腹筋を1日何回もやって、プロテインを飲んでなんていう必要はありません。アスリートではないのでそこまでする必要はありません。

1日10回の腹筋、座っているときは両膝をくっつける、常にお腹に力を入れて腹筋を使っているという意識を持つ。

この3つを1カ月継続させてみてください。

10回の腹筋がきつい方は5回でもOKです。そうしたら1カ月、2カ月、と継続ができるでしょう。

1日何回やったかではなく、どれだけ継続できるか、が勝負になります。

食事を気をつける

産後ダイエット、そして筋肉をつけるといってもお菓子や甘いジュース、夜食を食べていては痩せるどころかより脂肪も増えてしまいます。

お菓子やジュースなどのおやつと上手に向き合ってバランスよくストレスのない食生活にしていきましょう。

また炭水化物の取り過ぎもNGです。糖質そのものですから炭水化物の摂取には自分のコントロールも必要です。

例)

・お菓子やジュースが食べたくなってしまったら午前中のうちに量を決めて食べる

・土日だけお菓子を食べていいと決める

・夕食はおかずだけ(摂取カロリーを制限)

・最低1回につき30回は噛む(満腹中枢への刺激、あごを鍛える)

など、私自身もやっていました!

 

ぜひみなさんも実践して産後シェイプアップを楽しみましょう!

美は1日にして成らず!!