;

産後できるだけ早く水着を着たい!!

産後できるだけ早く水着を着たい!!

産後でも安心して自信をもってビキニを着たい!!まだまだプールや海に行って子供と一緒に遊びたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。

出産をしたからといって女性としてまだまだあきらめてはいけません。

そんな早く水着を着たい方へのアドバイスです!

産後の体形補正の始め方

出産となるとやはりホルモンバランスの乱れ、元の状態に戻るまで期間がかかってしまうのはやむをえません。

では産後どのように体形補正を始めたらいいのかをお伝えします。

体形補正の方法

方法その1:ダイエット、食事や運動を取り入れる

方法その2:体形補正の産後ガードルを使う

方法その3:ジムに通う

主に上記の3つに分類されるでしょう。

開始時期は?

ではいつかスタートしたらよいのかというと、

目安としては産後1か月くらいの間にスタート、できればできるだけ早く始めてください。

帝王切開などご自身の体調がやはりすぐれないという方については体調をもちろん優先します。

手術の傷あとなどもあるでしょうし、無理やり体形補正をすればよりホルモンバランスが崩れたりストレスが溜まってしまいますし、長続きしないというダイエットで一番避けたい事態になりかねません。

ガードルを上手に使って体形補正

方法その2の、産後ガードルを使っての体形補正についてご案内します。

産後は、お腹が今まで胎児が入っていた分伸びていたのが縮みます。それを放置しておくと垂れ下がったお肉となってしまうのです。

筋肉をきちんとつけてお肉が垂れないようにしなければなりません。

そこで役立つのが産後ガードルなのです。

きちんとお腹周りやお尻周りをシェイプしてくれ、重力になるべく反するようにという補正をかけてくれるのです。

各下着メーカー、マタニティ用品を扱うメーカーなどから販売されています。

産後ガードルはお腹やお尻の体形補正だけではなく、姿勢もよくなりますのでおすすめです。

またご自身の身体にあったガードルがありますし、締め付け感、フィット感もあるでしょう。そのため試着をして商品を購入しましょう。

中には、シェイプアップに効果があるもの、体重は変わらないけど出産前の服が着られるようになった、妊娠前以上の体形を手に入れたなんていう方もいるようです。これは脂肪が減って筋肉が増えるとそうなります。より細く締まった体になったということです。

水着が着られる体形を目指します!

最低でも3か月周期で細胞が入れ替わるため、短くても3か月から6か月の間は産後ガードルを使用してください。

締め付ければその体形になるというものでもありませんので、適度に筋肉をつけたりしていくことも併せて大事です。

食事や運動のダイエット

産後、授乳の問題もありますし赤ちゃんへの栄養も関係してくるので必ずいい!というわけではありません。体調不良にならないよう、バランスよくダイエットをすることをまずは心がけます。

産後に体調が戻ったと思ったら、まずはすぐにハードなことはせずに、ガードルを着用をしつつ、徐々に食事や運動も取り入れていくようにしましょう。

急激なダイエットは出産で疲れている身体にも響きますので、糖質を控える、そして動くようにする、産後ガードルをつけつつ姿勢にも気を付けるなどしていくと自然に水着が着られる体形になります!

またむやみに運動をすればいいというものでもないので注意が必要です。

腹筋や、脚の太ももの筋肉をきちんとつけていくようにするのです。

産後だからこそそのような体形補正が大事とされるのです。産後3か月の90日間が勝負だと思って頑張りましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です