;

今どきのワンオペ育児

現代のママと一昔前のママではこんなに違うワンオペ育児!ということで、

育児に悩んでいる、ワンオペでストレスがたまっているママたちに、あなただけではないのです!ということをお伝えしたく書きます!

ざっとあげてみました。

慢性疲労

睡眠不足

腱鞘炎

腰痛

精神的な辛さ

仕事の辛さ

会社での肩身の狭さ

時間のなさ

こんなところではないでしょうか。

昔は、男性は外で仕事に、女性はおうちのなかで家事や育児という風潮が根強くあった日本。その文化が未だにあって女性の社会進出、職場復帰が遅れています。

そのためいやおうなしにワンオペという言葉が生まれて広がっている、そして普通に使われているということです。

昔は育児や家事だけをしていれば女性は良かったのに、現在は仕事をしつつ、ということが加わります。

ようやく入れた保育園。

共働きをしないと生活もカツカツになってしまうため、仕方なくという方も多いでしょう。

私も娘には申し訳ないのですが、生後2カ月、生後8週目から保育園に通ってもらいました。

育児休暇を悠長にとっている余裕はありません、

世の中の出産未経験者や男性は知らないと思いますが、育児休暇中はもちろん無給です。

それを1年も続けるなんて私にはできませんでした。

もし、保育園が決まらなかったら1年以上も無給が続く、、、恐ろしいです。

ワンオペ育児の辛さ

1:未知なるものの怖さ

子供の人生を背負っているわけで果たしてこの育児が正解なのかなどの漠然とした不安が常につきまとう。

2:実母と比べて戸惑う

自分の母親たちは専業主婦が多く、育児をメインに担当していたのを考えると、仕事をしながら育児ができるのかという不安にかられる。

3:夫への嫉妬

キャリアに支障がない、育児や家事に携わらないのにいい時だけ親面する。

時間に追われない。会社に行って仕事をする、飲みにいくことができる。

4:夫への絶望

家事育児が全て女性の仕事だと思われている。

産後の体調をわかってもらえない。

全く頼りにならない。

俺だっての理由がくだらない、育児に比べたら全くカスのようなこと。

みんな同じです。あなただけではありません。

だからこそ女性は強くなって出産ができるのです。

~育児の苦楽を乗り切る方法~

・思い切って子連れで出かけてしまう

・お金はかかるが、シッターに預けてマッサージにいく

・友達にお願いして外食につきあってもらう

・月に1回自分へのご褒美の日を作る

・料理を休む⇒デリバリーなどで楽をする

・××をやらなきゃ と思わないようにする

いかがでしょうか。

もっと力を抜いて過ごしてみては?

世の中の保育園&会社ママたちは、毎日毎日時間に追われています。旦那がいないママさんもたくさんいます。

でもみんな精一杯やっています!

あなただけではありませんからどうか楽しく!休みの日はのんびりしてもいいのです。

子供とごろごろ少し寝坊をしてもいいではないですか!?

私も子供の寝顔と笑顔に救われています。

ペンネーム:もふもふみやこ