;

産後の痩せ体型の秘訣

出産後を迎えているママさん、お疲れ様でした。

しかし分娩がゴールではなくスタートなのです。無理をせずリラックスして子育てをしていきましょう!

そして産後というと誰でも悩みがあるのが、体型のことです。

妊娠によってお腹が膨らみ、下半身の筋肉がなくなり脂肪になっており、基礎代謝が落ちており、運動不足のわりに食事はきちんととってしまう、そんなところでしょうか。

妊娠によって膨らんだお腹が元に戻りづらいのは、風船をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

一度膨らませた風船から空気を抜くと、しわしわにそして何も空気を入れる前よりと比べると、一度膨らませて空気を抜いた方が大きくなっていますよね。

空気をいれて膨らませてことによってゴムが伸びたのです。

この現象と同じことがママさんたちのお腹で起こっているのです。

産後の痩せ体型をめざす!

では一体出産をした女優さんやモデルさんはどのようにして体型を戻しているのでしょうか。

一般の我々にもできることなのでしょうか。

その秘訣を探ってみました!

筋肉をつける

海外セレブやモデルがやっていることとして産後は徹底的に筋トレをするのです。

妊娠中についてしまった脂肪を筋肉によって燃焼させる、筋肉を付けると代謝があがるため痩せる体型のベースをつくることができるという仕組みです。

確かに私も妊娠、出産を経て間違いなく筋肉が落ちましたし体力も落ちたように思います。

妊娠がわかったときから激しい運動はできないし、産後といってもそんなジムに通ったり習い事のダンスに通えるというものではありませんので、筋肉はだんだんと衰えていきます。

そうなるとどうなるかというと、ぶよぶよのおデブさんになるわけです。

食事コントロール

妊娠中はストレスをためないように、そして胎児に栄養が行きわたるようにと、栄養バランスを考えた食事や好きなものを好きなだけ食べていたりしませんでしたか?

妊娠後期からだんだんと、食べ過ぎには気を付けつつ産後の自身の体型の心配もしてみましょう。

おかずメインに

野菜や果物、肉、魚、もちろん水分としてお水やお茶を摂取することは大事です。バランスよくきちんと食べるようにしましょう。

がしかし、人間が生きていく上では炭水化物は不要とまで言われているものなのです。

カロリーは高いし、糖質のなにものでもありません。

すぐにエネルギーに変わる源としてアスリートの方々は摂取することが望ましいです。が一般人の我々には不要といっても過言ではありません。

胎児のこと、母乳のことを考えても、炭水化物は特に必要といわれていません。

炭水化物を抜いてその分お野菜を食べたり、魚やお肉を食べる習慣に変えてみてはいかがでしょうか。

かなり身体も軽くなると思います。

まずは1週間、炭水化物抜きをやってみましょう!

※炭水化物抜きダイエットということで度々メディアでも騒がれてきましたが話題になるとすぐにたたかれて悪い者扱いになってしまいますが、実際に私が妊娠前に炭水化物抜きダイエットをしてマイナス5キロまでになりました!

おまけ

筋トレと食事制限でかなり産後の体型に差がでます。

そしてそのほか一つご紹介したいことが!!!

産後ガードルです。下半身のシェイプアップ締め付けによるくびれづくりなどにはもってこいです。

食事や筋トレの他にもシェイプアップのツールとして使ってみるのもありかもしれません!

ペンネーム:もふもふみやこ