産後のしみ・そばかす

産後、しみやそばかすが増えたと感じませんか?
産後は、女性ホルモンのバランスが乱れていて、しみやそばかすができやすくなっています。

女性ホルモンのしくみ

妊娠中は、エストロゲンという女性ホルモンが増加し、お肌を美肌に保ってくれています。妊娠中はお肌の調子がいいことが多かったですよね?
しかし、出産後このエストロゲンは急激に減るため、肌のバリア効果が一気になくなり、外部の刺激を受けやすくなってしまいます。外部の刺激によりメラニン色素が沈着してしみやそばかすになってしまいます。

また、もう一つ、妊娠中に活発になるプロゲステロンという女性ホルモン。このホルモンは赤ちゃんとお母さんをつなぐ胎盤をつくったり、子宮筋の収縮を抑制したりと、妊娠中にはとても重要な役割を担う反面、しみ、ソバカスの原因となるメラニン色素を作るメラノサイトを活性化してしまうのです。産後は減少しますが、元の状態に戻るまでしばらくかかります。

でも大丈夫。しっかりと対策をすれば、しみやそばかすの増加を防げます。

対策1 日焼け対策

しみそばかすをこれ以上増やさないように、日焼け止めを必ず使用しましょう。
また、帽子日傘を使用して、紫外線を防ぎましょう。
赤ちゃんと抱っこしながらの日傘は大変ということであれば、帽子だけでもかぶりましょう。
赤ちゃんも紫外線に弱いので、親子での外出では親子で帽子をかぶりましょう。
日差しの強い夏だけではなく、一年を通して紫外線対策を行いましょう。

対策2 美白ケア

美容液や美白クリームなどを使って、美白ケアを行いましょう。
産後は肌がデリケートなので、刺激の少ないものや、肌に優しいものを選びましょう。
妊娠前に使っていたクリームでも、肌があれてしまうこともあります。
使用中にかゆみやかぶれなどが少しでも出た場合は、すぐに使用を中止して医師に相談しましょう。

対策3 食事の改善

しみの原因となるメラニンの沈着を防ぐビタミンCを多く含む、グレープフルーツイチゴなどのフルーツやブロッコリーピーマンなどの緑黄色野菜多くとるようにしましょう。
また、新陳代謝を促進する働きのあるビタミンAを多く含む、鶏のレバーウナギを積極的にとりましょう。

しっかりとしみそばかす対策をして、きれいなお母さんを目指しましょう!!