;

離乳食の不安~有機食品って何?~

これから出産を迎える方も、すでにお誕生を迎えたママさんも読んでいただきたいおすすめの内容です。母乳、ミルク、など赤ちゃんが口に入れるものにはかなり神経質になっているママさんも多くいるはず!

育児書やネットの情報に惑わされないように、いいとこどりをしましょう。

今回は6か月あたりからはじまる離乳食について。

離乳食というと、おかゆ、うどん、パンがゆなどがメインとなります。

今では市販のベビーフードもかなり充実してきていますし栄養面、アレルギー表示もきちんと書かれているため安心です。

ママさんの中には、オーガニックのものしか赤ちゃんに食べさせない、市販のものはNG、有機食品だけにする、なんていうママもいるでしょう。あまり神経質になりすぎるもの問題です。

 

そしてその”有機食品”について。本当にどんな食品か知っていますか?

有機野菜、有機で作られた・・・なんていうフレーズはよく聞きます。果たしてみなさん、本当に意味がわかって食べていますか?または食べさせていますか?

きちんと理解をしたうえで赤ちゃんの離乳食を準備しましょう。

有機食品とは?

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで自然界の力で生産された食品を表しているものです。

有機食品としてきちんと認められているものは農林水産省で定められている規格を合格しないと有機食品やオーガニックという風に言うことができません。

これを守らないと法律違反となるわけです。

有機食品の決まり

有機とひとことでいっても有機農産物や有機畜産物、有機加工食品という感じでカテゴリー分けをすることがdけいます。

有機農産物・・たい肥や土壌、遺伝子組み換えなどに制限あり

有機畜産物・・飼料や動物用医薬品の使用についてのルールあり

有機加工食品・・加工方法、原材料、食品添加物の使用のルールあり

ということで厳しく規定がありそれに合格をしないと”有機”といえないというわけです。

有機食品でなければいけない?!

赤ちゃんに与える食事は絶対に有機食品でないといけないということはありません。もちろん、農薬を使っていない野菜の方が安心ですし食品添加物を使っていない加工食品であれば安全です。

しかしながら、有機食品でないから、悪いというわけではなく有機食品はより安全安心であるというお墨付きということです。

有機食品のベビーフード

現在私のベビちゃんは10か月で、ほぼ離乳食も後期なのでいろいろなものを食べています。もちろん市販のベビーフードの力を借りることもあります。

ベビーフードでも有機食品のものがあるのでご紹介します。

OFUKURO  という名前のベビーフードブランドです。

↓↓

https://itefuya.c2ec.com/

バラエティショップやディスカウントストア、ドラッグストア、薬局で購入できるベビー用品の価格とは若干違い高いです。食品メーカーやベビーブランドからでているベビーフードが100円前後ですのでこの有機食品の1個当たりの価格は400円なので4倍です。

私も一度こちらのかぼちゃ粥を購入し、ベビちゃんが食べていましたがぱくぱくおいしそうに食べておりました。まあまだ味についてはわからないししゃべれないから何とも言えませんが・・・。

ただパッケージなどはとてもシンプルなのでそこにお金をかけずに中身にきちんとお金をかけている感じが好感が持てるポイントかもしれません。

試しにおひとついかがでしょう?

 

ペンネーム:もふもふみやこ