;

抱っこ紐カバーは本当に必要?便利グッズの実際

抱っこ紐カバーってネットショップやフリマアプリではとてもたくさん出品されていて、見ているだけで楽しくなるグッズですよね!でも、本当に必要でしょうか?

抱っこ紐カバーは本当に必要?便利グッズの実際

これは「実際子供と出かけてみないと必要かどうかわからないグッズランキング」がもしあるとすれば間違いなく上位にランクインするでしょう。

実際に私が使ってみて感じた感想は、「必要かどうかは人(生活スタイル・環境)による」です。

ただ、抱っこ紐を多用する方にっとては、とても便利です。

特に、長時間のお出かけでベビーカーと抱っこ紐を併用している時。

ベビーカーに子供が乗っている時の抱っこ紐のやり場のなさ・・・これは本当にその時になってみないとわからないことですが、抱っこ紐は使っていないときは本当にかさばり荷物になります。

ベビーカーと併用するときは首や腰が座ったらクロス型の簡易タイプの抱っこ紐で良いのでは、という方もいらっしゃいますがある程度体重が増えてきたらクロス型の抱っこ紐は方に食い込み体に負担がかかります。

また、エルゴ等肩と腰で支えるタイプの抱っこ紐の安定感とホールド感は子供を連れて出かけている時、本当になくてはならないものです。

そんなお出かけ必需品である抱っこ紐ですが、ベビーカーで子供が寝てしまったら際はただのかさばる荷物です。

そのままベビーカーの荷物入れに入りますが、とてもかさばるため荷物入れのスペースが抱っこ紐でいっぱいになってしまいます。

そこで、抱っこ紐カバーが登場します。

肩ベルトごとくるくると巻いて収納できるため、とてもコンパクトになります。

さらに、腰ベルトのところはカバーから出た状態になるため、カバーに収納するとワンショルダーのバックのような形状になるためベビーカーのカゴに入れなくてもハンドルに引っ掛けたり、自分の腰や肩からかけた状態で持ち運びができます。

また、手作り品もかなり販売されているため、好きな生地でできたものを選ぶ楽しさがあります。

マリメッコなどの北欧柄、リバティプリント等おしゃれな柄のものもたくさん販売されています。

コンパクトになる上に自分好みの柄で気分も上がるという、ヘビーユーザーにとってはこの上なく良い製品です。布とボタンで簡単に手作りできるのも魅力の一つです。

雑貨や便利商品にもいえることですが、育児グッズの必要、不要は使ってみなければ判断できません。自分と自分の子供との生活スタイルや住んでいる環境、個人の好みによって左右されます。

ただ、良い、便利、と言われているのには理由があり、良いと感じて必要としている人がたくさんいるから製品が多数世の中に出回っています。

≫抱っこ紐カバーのショッピング一覧

物を購入する際には良い、悪い、好き、嫌い、いる、いらない、色々あると思いますが育児は本当に大変です。少しでも楽しく、より良い子供との時間を過ごせるように、良いと言われているグッズは積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

抱っこ紐カバー関連記事

このサイトでも度々抱っこ紐カバーを取り上げています。

ぜひご覧になってみてください。

≫抱っこ紐カバー関連記事一覧はこちらから


おすすめ≫ママのお役立ち情報

おすすめ≫育児に関すること

おすすめ≫産後ダイエット

おすすめ≫産後ガードル・口コミ


産後ダイエット体験記&おすすめ産後ガードル

産後ガードルの口コミ評価一覧