;

妊娠がわかったら始めること~お金の貯め方~

おめでとうございます!

妊娠!となったらいろいろと考えることがたくさんでてきます。もちろん不安も一緒についてきますよね。

病院選び、ベビーグッズ、これから先のことなどなど。

妊娠は大変おめでたいことですがそれと同時にただでは出産はできません。出産とともにかかる費用とそれに付随してお金をためなくてはいけませんのでそのやり方をお伝えしようと思います。

どれくらい何にお金がかかるの?

妊娠がわかったときから出産までの通院

最初は1か月に1回程度ですが週数が多くなってくると2週間に1回など増えてきます。

また妊娠がわかったらきちんと身体を調べる各種検査があるため数千円程度では終わりません。

最初の2回くらいは2万円弱かかります。

都道府県によっては助成などがあると思います。市区町村に妊娠の届け出をすると妊婦健診用紙などがもらえるので早めに届出をしましょう。そのときに母子手帳ももらえます。

妊婦健診は病気ではありません。保険の対象外となります。また気分がすぐれないときはタクシーを使うなどしたらそれも費用がかかります。

出産費用として

国からの助成金で一律42万円が支給されます。分娩する病院によって費用がかなり異なるので事前に確認しておきましょう。

東京都の場合は都立は比較的安い、個人院で設備が整っていると高いなどあります。また帝王切開になったり入院する日数、土日祝日、夜間早朝の時間外を含むとしても費用がかなり変わってきます。

個人部屋か4人部屋、6人部屋など部屋によっても費用が変わります。

お金の問題で悩まないために

妊娠がわかったら節約できる部分は削りましょう。

私がカットした項目は、

ネイル

エステ

習い事

食費

衣類やバック、アクセサリ-購入

です。

これをカットするだけでもかなり節約になりました。

バーゲンでも洋服はがまんです。

特にこれからマタニティになるわけですからお洋服を買ってもとうぶんは着られないと思っておいてOKです。

そしてヒールも履けなくなります。

バランスを考えて家計をやりくりしてみましょう。

貯金はベビちゃんが小さいうちに

現在我が家のベビちゃんは8か月ですがまだお子さんが小さいうちはあまりお金がかかりません。

食費、習い事、お洋服などもまだかかりません。貰い物もありますが子供服といってもベビー用品なので安いです。

例えばTシャツは500円とか。

そのため貯金はベビちゃんが小さいうちにできるだけやるようにします。

産まれてすぐにベビちゃん専用の口座を作ることをおすすめします。

月々少額でもいいので入金するように心がけておくといいです。

おすすめしないことは

ひとつの口座ですべてをやりくりすることです。

引き落とし、貯蓄、生活費諸々、すべてを一つにすると出入金はよくわかりますが、引き落としがあるため物理的に貯蓄をしているという観念が薄いです。

そのため入金専用の口座を持つことをお勧めします。

そうすると必然的に貯金ができていきますよ!

ペンネーム:もふもふみやこ

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です