;

妊娠中に気を付けたいこと・食事と体重

妊娠中に気をつけなければならないことってたくさんありますよね。

食べ物、飲み物、お薬の服用、睡眠時間、冷え対策などなど。

題して、

妊娠中に気を付けたいこと・食事と体重

今回はその中でも食べ物、産後のダイエット、産後太りのことを踏まえた妊娠中に気をつけたいことを御紹介していきたいと思います。

 

食べ過ぎない

赤ちゃんとママ二人分だからたくさん食べないと!といって満腹になるまで毎食毎食食べていませんか?

もちろん周りの方も、食べたいものを食べたいだけ食べなよ!なんて気を使ってくれてもりもり食べちゃうなんてことが多々あると思います。

実際私のマタニティ時期もそうでした。

出産してからはなかなか外食が難しくなるから、今のうちに食べたいものを!ということでいろいろなものをたくさん食べました。お酒が飲めない分、食に走るといっても過言ではないくらい食べました。

妊婦なのでみんなたくさん食べなよ!といってくれますよね(笑)

二人分なんだから!なんて言われて。。

しかしながらたくさん食べたら食べたで胎児以上の体重の増加があります。

普段は甘いものなど目ったに食べないのに、なぜか妊娠中に甘いものがたくさん食べたくなってしまったのです。妊婦だからということを言い訳にして、食べてました。

ママの体重から妊娠で増加してもよい体重の範囲というものがあります。

心配な妊婦さんは、検診で通っている病院の先生に相談するといいでしょう。

体重の増加は危険

体重が増えすぎてもNG。体重を落としてくださいと病院で言われる方もいます。

食べ過ぎリスク

中には“妊婦糖尿病”というのがあって血糖値が高いとインシュリンを打ったりする治療をしなくてはなりません。病院によっては妊婦さん向けのいろいろな検査の中に糖の検査を入れているところもあるようです。

またあまりに体重が増えてしまうと(もちろん太るという表現になりますが)出産のときに難産になるとも言われています。というのは子宮口に脂肪がついてしまうと赤ちゃんがでるときに苦しい、もちろんお母さんも苦しいということになってしまいます。

そのため産科では体重の増えすぎには十分に注意しましょう。といわれます。

出産のときに大変という理由と、また産後すぐには元の体形に戻らないので体形補正をするのに時間がかかります。そして一度ついた脂肪やお肉はなかなか落ちてくれません。

産後の体系維持のためにも、増えてもいい体重の限度を知っておくことが大事です。

 

気を付けたいこと~まとめ

今回は妊娠中に気をつけたいこととして、“食”に関することを御紹介しました。

私は実体験を通して、“妊娠中だからOK”という言い訳をしつつ、甘いものやジュースを飲んでいましたがさすがにまずいなと思ったので少々抑え気味にしたり調整はしていました。

私のマタニティ生活は、○○がムショウに食べたくなるとか○○だけしか食べられないとかそのようなことはなかったのでいろいろなお食事をバランスよく摂取できました。

そのせいか、つわりもほとんどなくマタニティライフが終了そして出産を迎えることができました。

現在産後4カ月を経過し、体重は戻りつつあるものの、お腹のお肉がどうしても戻りません。筋肉が衰えているせいだとは思いますが、日々の生活の中で筋トレをなんとかして取り入れているところです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です