;

産後ガードルを使った方が良い理由は?

産後ガードルをつけないとどうなるの?

そもそも産後ガードルとは、産後の体形をできるだけ早くもとに戻すための人気の補正下着です。

産後ガードルを使うとウエストやお尻の脂肪太りやたるみを効果的に引き締めることができるのでおすすめです。

それでは、産後ガードルを着用しなかった場合はどうなるのでしょうか。何となく皆が履いているから、と着用している方も多いのではないでしょうか。産後ガードルはお腹のダイエット効果があるだけだと思っていませんか?

産後は普通分娩でも帝王切開でも骨盤が歪んでいます。骨盤の歪みが矯正されないと、後に様々な問題が生じてくるのです。

 

骨盤の歪みが原因で起きる具体的な症状は?

例えば体重がもとに戻らない、腰痛がひどい、冷え性に悩まされるなど、婦人科系の症状があげられます。

産後に太りやすくなったり冷え性になるのは、出産時の骨盤の歪みが原因で腰付近の血行が悪くなるからです。産後に下半身が特に太るのはそのためなんですね。

腰痛がひどくなるのは腰椎が曲がってしまい腰に負担がかかるからです。負担がかかった状態で赤ちゃんのお世話などの重労働が加わると腰椎が正常な状態に戻りにくくなってしまいます。

また、出産は筋力を低下させるので、体力が元に戻らず疲れやすくなります。産後ガードルを使わない場合と、使った場合と比べると体力の戻りに違いが出るというデータもあります。

出産後の体はとても繊細になっているため、できるだけ早い期間に産後ガードルを使って立て直しをすることが必要なんですね。

いつから着用すればいいの?

それでは、産後ガードルはいつからいつまで着用すればいいのでしょうか?

個人差はありますが、体重が少し戻り、体調が回復するのを待ちましょう。

帝王切開で出産された方は、傷口が回復する産後2か月くらいから着用するのが理想的です。産後ガードルは一日中、寝るときも着用するものなので、手術後の体に無理がかからないように着用開始時期を遅らせます。

産後ガードルは、おおよそ体形が戻った時点で履かなくなってもいいでしょうし、ウエストをサポートする意味で履き続けても問題はありません。腰痛の予防に効果的だという口コミも多く寄せられていますよ。

 

いかがでしょうか?

産後ガードルを履いた場合のメリットがお分かりいただけたでしょうか? 産後ガードルにはちゃんとした理由があるのですね。 産後ガードルを使って健康的なママを目指しましょう!


おすすめ記事

産後ダイエット体験記&おすすめ産後ガードル

産後ガードルの口コミ評価一覧

骨盤ベルトの口コミ&ランキング

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です